Updated 2018年02月13日

嵐Sanba、ベトナムの東部に接近も今後弱まる見込み

火曜日の最新の予測では、嵐Sanbaが旧正月の大晦日にベトナムの東海に近づくことが示された。

水力気象予報センターによると、日曜日にフィリピンで形成された嵐Sanbaは、ベトナム東海のTruong Sa群島に向かって強さを増している。

 

この嵐は火曜日の午後にフィリピンの南海岸に上陸すると予測され、風速は時速60~75kmで、最大時速100kmの突風が発生する、と同日に同センターが発表した。

 

水曜日の午後に、その台風はフィリピンのパラワン島東部に向かう予定で、同じ風力のままベトナムの東海に入る。これは、ベトナムで今年2つ目の嵐となる。

今週の金曜日(2月16日)、ベトナムは戌年である旧正月の初日を迎える。これはテトと呼ばれ、東南アジア諸国で最も大きな休日だ。

 

テトの前日(木曜日)の時点で、嵐Sanbaは、Truong Sa諸島のTruong Sa島から450km北東に離れた場所に到着し、風速は毎時60~75kmと予想されている。

 

国立水力気象予測所のLe Thanh Hai副所長は、この嵐はベトナム東部の海に入ると熱帯低気圧に弱まる可能性が高いと語った。

 

「その嵐がベトナムの海岸に近づくほど、それは弱くなる」とHai氏は語る。

 

最悪のシナリオは、熱帯低気圧が南中部の中央高原と南部地域で異常な雨を引き起こすことだと同氏は付け加えた。

 

ベトナムのTruong Saが荒れた天気に直面するのは、この2ヶ月で今回が3回目だ。

台風Tembinは、クリスマスの日にベトナム東部の海に入り、2018年の最初の日に嵐Bolavenがこの地域を襲った。

tuoitrenews.vn

LINE@
はじめました。

 

ベトナムで生活する以上、ベトナムで日々起こる出来事にも耳を傾けなければいけません。

しかし、いちいち英語を翻訳するのも面倒くさいし、数が多すぎて何が大事なニュースなのかわからない。


そんな悩みを抱えていませんか?

POSTEのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、ベトナムで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。

LINE@を登録する