9月12日、台風21号により閉鎖された関西国際空港の改修が進行中のため、ジェットスターパシフィックは大阪行きの航空便を9月20日まで欠航させることを公表した。

 


LCC航空の代表であるジェットスターパシフィックによると、関西国際空港第2ターミナルが閉鎖されつづけているという。その一方、第1ターミナルは復旧した一部の滑走路でいくつかの航空便の対応が可能になったという。

 

関連する日本企業は台風による被害の対応に最善を尽くしたが、完全に復旧する日付は確定していない。


ジェットスターパシフィックによると、既に9月4日発のハノイー大阪間を運行するBL620便や9月5日発の大阪ーダナン間を運行するBL165便がキャンセルされたという。9月4日~20日の間、ベトナムと大阪を結ぶ便は38便ある予定だった。


9月4日、過去25年で最大勢力であった台風21号が西日本に上陸した。今回の台風により、関西国際空港にある1つの滑走路とターミナルビルが浸水被害を受けた。さらに、共同通信によると、日本列島と人口島に位置する設備をつなぐ唯一の橋が、強風に煽られ操縦できなくなったタンカーに衝突され倒壊したという。

 

現在まで、関西国際空港を離着陸する予定だった何百もの便が欠航になった。ANAは国内線247便と国際線8便、JALも国内線176便を欠航することを発表した。

 

出典:SGGP

 

関連記事