「ASEAN世界経済フォーラム2018」が9月の11日から13日にかけてハノイで行われる予定だ。

 

 

 

今回の会議では、ASEAN国内での起業支援と第4次産業革命への対応策について話し合われる。

 

ベトナムのPhuc首相は会合に向け、Bui外務大臣と協力して準備を進めている。

 

5月3日、ハノイではじめて行われる「ASEAN世界経済フォーラム2018」に向けた話し合いが行われ、ハノイにベトナムの中央省庁幹部が一同に会した。

 

会合では、期間中のテロの危険性から守るため、セキュリティー体制を強化していくことで合意した。

 

Bui氏は「9月の会議は2018年の外交の中でも最も重要な一つの行事である。世界におけるベトナムの地位を高め、国際社会に対しても存在感を示していきたい」と述べた。

 

Bui氏は会議を無事に開催すべく、ベトナム中央省庁や警察に協力を要請したという。

 

「世界経済フォーラム(WEF)」は1971年にスイスではじめて開催された。フォーラムでは各国の政治、経済分野でのリーダーが集まり、これからの世界経済について討論がおこなわれている。

 

 

 

出典:english.vov.vn

 

関連記事