ベトナム国立水文気象予報センターによると、12月27日から寒冷前線が北部地域を襲い、気温が10度以下にまで低下する見込みだという。

 

27日からベトナム北東部に寒波が到来し、28日には北西部の省や北部、中央北部の地域にまで寒波の影響が及ぶと予想されている。

 

北東部の省とタインホア省では27日の最低気温が17度〜20度まで下がり、北部の山岳地帯では15度〜18度まで気温が下がるという。

 

28日になるとより冷え込み、最低気温が11度〜14度にまで落ち込む予想だ。

 

29日から北部や中央北部では最低気温が8度〜11度となる一方、山岳地帯の気温は4度〜7度、高い山であれば3度と厳しい寒さになるという。

 

北部の山岳地帯では28日〜31日の間に雪や霜が見られることもあり、北部や中央北部の省では29日〜30日にかけて雨だという。

 

2019年1月3日〜4日まで厳しい寒さが続く予報だ。

 

ハノイでは27日から冷え込み、29日の最低気温は10度〜13度だという。

 

出典:dtiニュース

 

関連記事