ベトナム在住ママさんが知っておくべき幼児教育の重要性

教育 教育 2018年04月04日


ベトナム在住ママさんが知っておくべき幼児教育の重要性

異国の地であるベトナムで子どもを育てるためには不安も多いはずです。 今でこそベトナムでは日本人経営の幼稚園や日本人学校が充実しているので、安心して教育を受けることができます。海外特有の現地学校やインターナショナルスクールに通学するお子様も通わせている方も多いでしょう。しかし、お子様の将来に最も重要とされている幼児教育というものに目を向けたことはありますでしょうか?

 

・幼児期とは何か?


出典:unsplash.com


お子様の成長ステージに合わせて「乳児」や「新生児」、「幼児」などという言葉が使われます。そもそも幼児期とはいつのことを指しているのでしょうか?幼児期とは2〜6歳までの時期を指します。ちょうどベトナムで暮らす家族のお子様の年代ではないでしょうか?特にハノイでは日本人向けの高等学校がないことから、家族帯同で住まれているお子さんの多くは2〜6歳までの年代だと思います。そんな幼児期の特徴は期間が長く、年齢ごとに成長が見受けられる点です。2歳になる頃には自分でしっかり歩けるようになります。また、脳が著しく成長して言語能力が発達します。さらにイヤイヤ期や反抗期を迎え、自己中心的、直観的、情緒的といった自律した言動ができるようになり、我意識が芽生えてきます。

 

・幼児教育はなぜ重要なのか?


「小学生や中学生、高校生の時の教育が大事!」と多くの方が考えていると思います。もちろん重要です。しかし、小学生や中学生、高校生の時の教育がうまくいくかどうかは2〜6歳の幼児教育の方法で大きく変わることはご存知でしょうか?
人間は一生学び続ける生き物だと考えられています。
中でも幼児期は人生の中で最も刺激を受け、学ぶ時期だとされています。
この時期に受けた教育は、そのお子様の基盤となる考え方や性格を作り上げます。そしてその考え方や性格が将来変化することはほとんどありません。
つまり、幼児期は人間形成の基礎がつくられる最も大切な時期なのです。遊びや生活を通じて、 情緒的発達・運動能力の発達・知的な発達・社会性など、たくさんのことを体で吸収し成長していきます。体を使って遊び・経験・考えることで豊かな感性を育てるとともに、学習態度の基本になる好奇心・探究心・やる気も育ちます。
ベトナムという異国の地で幼児期を過ごすからこそ、幼児教育には神経を使うことが必要です。日本に帰っても周りの同年代についていける生活習慣や態度、運動能力、積極性や自主性を育み、お子様の土台をつくっておくことが重要です。

いくら勉強ができたとしても自立性や自律性、社会性や思いやりが無いなどバランス良く土台がつくられていないと不安定な状態で成長していくことになりかねません。学歴や資格ばかりが評価されていた一昔前とは違い、今は発想力、頭の回転の速さ、判断力なとどの社会で活躍・成功する能力が必要とされる時代です。
そのため、保護者など子どもの身近にいる大人は、幼児教育が子どもの人生を大きく左右するのだと理解しておくことが大切です。幼児期に適切な教育を受けさせる環境を与えることができるのは、周りにいる大人たちなのです。
ベトナムでも、子どもが持つ生きる力・学ぶ力を周りにいる大人が引き出していくように取り組み、将来の可能性を広げてあげましょう。

 

・ハノイでしっかりした幼児教育を受けることのできる場所 

 


ベトナム、ハノイで幼児教育に力を入れているのが「こどもクラブ」。
こどもクラブは1歳から学ぶ幼小一貫の幼児教室として日本に70教室/海外に4教室を展開しています。1970年代から幼児教育を推進しており、日本では一番古い歴史を持っています。現在、こどもクラブはバンコクや香港、シンガポールでも教室を運営しています。海外で日本人向けに幼児教育を行っているのは「こどもクラブ」だけです。

今3歳のお子様はちょうど20年後に大学を卒業し、社会に巣立っていきます。その時の日本という国や世界の情勢はどのようになっているか、誰にもわかりません。しかし、成人となったお子様を取り巻く環境がどのように変化しも、自身に備わった力により、壁を乗り越え、課題を克服して社会に貢献する、そして人生を豊かに生きていく、そのような人になっていただくこと、 それがこどもクラブの願いです。

 

・こどもクラブ・ハノイ教室の開校秘話


こどもクラブ・ハノイ教室を運営しているのは、来越14年目になる上月さん。
ある時、ご自身の息子さんが日本語をうまく話せていないことに疑問を抱き日本の病院に行きました。そこで診断されたのは発達障害。仕事上、ハノイで生活をしなくてはならないのに、発達障害であった息子が受けるべき幼児教育施設がハノイにはない。その時から幼児期から教育に非常に苦労されました。 そんな経験から、海外で教育環境が整っていないハノイにも幼児期からの教育を行いたいという想いが芽生えました。
その想いに熱く共感したのが幼児教育界では歴史のあるこどもクラブ。
念願のハノイ教室の開講に至ったのです。

 

・開講場所についてのご案内


現在ハノイ教室は、タイ湖方面のさくらHoaAnhDao幼稚園とインドチャイナ付近の2箇所にて 開講しております。日本と同様の知性と社会性、心の発達を目的としたカリキュラム、日本語環境が整っております。

まずは無料で開催されている体験教室にお問い合わせください。
info@khangvn.com


①さくらHoa Anh Dao幼稚園教室


So 275, To 36, Duong Au Co, Phuong Quang An, Quan Tay Ho, Hanoi, Vietnam


②カウザイ教室


住所:CTM Office Building, Floor 4, 299 Cau Giay street, Ha Noi city

 

無料体験教室に問い合わせる

 

 

こどもクラブ詳細情報

 

 

制作:日系生活情報サイトPOSTEチーム AD

 

関連記事

 

 

 

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>