ハノイのインターナショナルスクール一覧

教育 教育 2018年02月11日


ハノイのインターナショナルスクール一覧

年々、在住外国人数が増加しているハノイ。

ベトナムの首都でもあるハノイは国内でも教育・政治の中心地として名を馳せており、日系幼稚園だけでなくインターナショナルスクールも多く存在します。

生徒もベトナム人だけでなく日本人や韓国人などのアジア系から欧米系まで様々な国籍の子供が同じ校舎で学んでいます。

ハノイでインターナショナルスクールに通う日本人も年々増加しています。
そこで今回はハノイにある主要なインターナショナルスクールをまとめました。

 

 

 

コンコルディア インターナショナルスクール ハノイ(Concordia Internationl School Hanoi)

 

2011年に開校された「コンコルディアインターナショナルスクールハノイ(Concordia Internationl School Hanoi)」は、アメリカ式の教育を取り入れており、1クラスの最大人数22名の少人数制で授業を実施しています。またプログラミングなどのコンピュータ教育にも力を入れており、ベトナム発のGoogleサミットを開催した学校としても知られています。4歳〜17歳までが就学対象です。2017年時点では世界22カ国から生徒が集まる国際色豊かな学校です。また外国人に向けた言語特別指導(EAL)を取り入れているのでお子様の語学力をサポートする体制も整っています。年間授業料は1万5000ドル〜2万5000ドルです。

 

学校情報

 

 

ユナイテッドネーションズ インターナショナルスクール オブ ハノイ(United Nations International School of Hanoi)

 

世界に2校ある国連インターナショナルスクールのうちの1校「ユナイテッドネーションズ・インターナショナルスクールオブハノイ(UNIS)」は、60を超える国籍の児童・生徒が在籍しているためグローバルな学習環境が用意され、多様な文化や価値観に触れながらお子様が教育を受けることができます。またカリキュラムはグローバルな人材育成を推進する国際バカロレアに基づいた一貫教育を徹底しています。APEC及びMRISAのメンバー校であり、生徒は様々なスポーツや文化活動を通じて他国のインターナショナルスクールと活発に交流が出来ます。3歳〜18歳までが就学対象です。年間授業料は1万1500ドル〜2万7000ドルです。

 

学校情報

 

 

セントポール アメリカンスクール ハノイ(St.Paul American School Hanoi)

 

2011年に設立された「セントポール アメリカンスクール ハノイ(St.Paul American School Hanoi)は創立以来アメリカの非営利団体AdvancEDによりインターナショナルスクールとして認定されています。アメリカ式の教育方針を掲げ、世界で活躍する人材育成を目標に掲げています。世界28カ国以上の国々から520人以上の学生を受け入れているため、お子様が様々な文化や価値観に振れる機会は確実にあります。またSPELLプログラムという英語学習プログラムを設けているため英語力の補助体制もしっかりとしています。就学対象は6歳〜18歳までです。

 

学校情報

 

 

ハノイ インターナショナルスクール(Hanoi International School)

 

「ハノイ インターナショナルスクール(Hanoi International School)」は様々国籍の子供たちが集まり、学校内の雰囲気はとてもアットホームな環境でお子様が学習出来る環境が用意されています。最大20人の少人数クラスを取っており、教師との距離感も近いのでコミュニケーションの機会やフォロー体制も確立されています。また英語力に不安があるお子様に対してはESLクラスの受講が義務付けられているため、英語を学ぶサポート体制も用意されています。3歳〜18歳までが就学対象です。年間授業料は1万5000ドル〜2万5000ドルです。

 

学校情報

 

 

ブリティッシュ インターナショナルスクール ハノイ(British International School Hanoi )

 

真のグローバル人材になるために必要な知識やスキル、考え方を教育することに力を入れている「ブリティッシュ インターナショナルスクール ハノイ(British International School Hanoi )」はイギリス系のインターナショナルスクールです。2014年に世界に47校展開するノードアングリア教育(NAE)の一校になり、ベトナム国内に姉妹校3校が存在しています。NAEとの提携により、ジュリアート音楽院のカリキュラムを採用しており、年に数回ジュリアート音楽院のプロからの指導機会があります。また英語力に不安がある生徒にはEAL授業を設けています。2歳〜17歳までが就学対象とされており、年間授業料は1万9000ドル〜2万7000ドルです。

 

学校情報

 

 

インターナショナルスクール オブ ベトナム(International School of Vietnam)

 

「インターナショナルスクール オブ ベトナム(International School of Vietnam)」は通称ISVとして知られるインターナショナルスクールです。2012年に設立されたばかりの比較的新しい学校ですが、世界22カ国から生徒が集まっており、既に外国人在住者から高い評価を得ています。また生徒1人1人の目的に沿った国際的な学習機会の提供することをビジョンに掲げています。就学年齢3歳〜17歳です。年間授業料は8400ドル〜2万3000ドルです。

 

学校情報

 

 

こどもクラブ

 

「こどもクラブ」はたくましく生き、次代を担うお子様を育てることを教育理念とする、3歳から学ぶ幼少一貫の幼児教室です。 
「こどもクラブ ハノイ教室」では海外生活で不足しがちな日本の言語や習慣を身につけられるよう、日本の行事や季節感を取り入れた国語の教育に重点を置いているため、インターナショナルスクールに通い日本の教育から少し離れてしまっているお子様にもおすすめです。日本で40年以上の歴史と確かな実績がある「こどもクラブ」は、安心して子どもを通わせられると高い評判があります。

 

学校情報

               さくらホアアインダオ幼稚園 So 275, To 36, Au Co St., Tay Ho Dist. 

 

 

最後に

 

いかがでしたか?今回ハノイにある主要なインターナショナルスクールをまとめてみました。

ぜひ、学校選びの際は参考にしてみてください。

 

※この記事に記載されている情報は2019年4月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>