ホーチミンの歯医者「ありが歯科」でホワイトニングをしてみた!

ホーチミンの歯医者「ありが歯科」でホワイトニングをしてみた!

ホーチミンで生活をしていると、仕事などで人と会う機会が多いと思います。

人と会話をしているときに、歯が汚れてたりすると、ついついそこに目が行ってしまいますよね。

逆に、相手も同じことを感じてるのではないかと心配になったりします。

 

その人の第一印象には歯の綺麗さが大きな影響を与えるとも言われています。

そこで、今回はポステスタッフがホーチミンの日本人院長が運営する「ありが歯科」で、ホワイトニングを行ってきましたので、その様子を紹介します。

そもそもホワイトニングとは? どのくらい効果があるの?

ホワイトニングという言葉自体は聞いたことのある人がほとんどではないでしょうか?

ホワイトニングとは、薬剤を用いて歯を白くする施術です。

着色や汚れによって歯が黄ばんでいても、ホワイトニングをすることで白い歯へと近づけることができます。

ホワイトニングには

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング

の2種類があります。

オフィスホワイトニングは歯医者でやるもの

オフィスホワイトニングとは、歯医者さんへ行き薬剤とレーザーを使用して短時間でホワイトニングをする方法です。

自宅でやるホームホワイトニングより高濃度のホワイトニング剤を使用するため、短時間で歯が白くなるというのがメリット。

その反面、歯の色が戻るのも早いデメリットもあります。

ホームホワイトニングは自宅でできる

ホームホワイトニングは、その名の通り自宅で行うホワイトニング。

歯医者さんで、マウスピースとホワイトニングの薬剤の処方を受けて、自宅でマウスピースにホワイトニングの薬剤を入れて装着することで、歯を白くすることができます。

オフィスホワイトニングに比べて、ゆっくり時間を掛けて白くするので、白い歯がより長持ちするのだとか。

また、オフィスホワイトニングより、色素の分解が細かいため、白色も自然でつやがうまれると言われています。

オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングの特徴まとめ

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの特徴を簡単にまとめると、総合的にはホームホワイトニングの方がメリットが多いと言えるでしょう。

  オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
白くなるまでの時間 短い 長い
白さの透明感・ツヤ
透明感・ツヤの長持ち
1回あたりの価格 高い 安い

 

実際にありが歯科でホームホワイトニングを体験!

今回は、実際にポステスタッフがありが歯科でホームホワイトニングを行ってきました。

「ありが歯科」で行っているのはホームホワイトニングのみで、費用は440万ドン(約2万2000円)です。

来院・受付

ありが歯科のあるのはKý Con通り。

1区の中心にあるので、日本人が居住するエリアからは便利な場所にありますね。

院内に入ったら、まずは受付です。

受付の方は日本語がペラペラなので、安心です。

特に、病院とか歯医者とか、身体に関わることは日本語だとありがたいです。

受付では問診票に必要事項を記入をします。

説明

受付を済ませ、名前が呼ばれたら診察室へ入ります。

施術はありが歯科の医院長の有賀院長が担当してくれます。

 

有賀先生から、ホームホワイトニングに関する説明を受けます。

分からないことや心配なことがあれば、丁寧に教えてくれるので安心です。

 

「ありが歯科」で行なっているのはホームホワイトニングで、だいたい3カ月〜半年くらいで日本人の平均的な歯の白さであるA3からB1〜A2の白さへと変化するそう!

 

有賀先生は一般歯科治療に20年、インプラントに17年の臨床経験があるベテランなんだとか。

審美歯科やインプラント、こども矯正、総合歯科診療を得意とし、ベトナムの歯科医師免許も取得しています。

また、JBH ビヨンドホワイトニングインストラクターも務めており、ベトナムでも様々な講演を行っています。

マウスピースの型取り

有賀先生からの説明のあとは、ホワイトニングに使用するマウスピースの型取りに移ります。

型取は約1分程度と、とてもスピーディー!

型取りが終わったら初日はこれで終了。

マウスピースができるのを待ちます。

マウスピース完成後に再び来院・使用法の説明

後日、マウスピースの作成が完了したということで再び来院し、使い方の説明をしてもらいます。

こちらが出来上がったマウスピース。

使い方は、右にある注射器のようなホワイトニングの薬剤をマウスピースに塗布して2時間装着するだけなのでとても簡単です!

 

注意点は、歯の着色を防ぐため、ホワイトニング後1〜2時間はカレーや醤油、ワインなど口にしないこと、歯にしみるなど痛みを感じた場合は1時間半に短縮することのみ。

2時間装着してみて歯にしみたり、痛みを感じたりしなければ装着したまま眠っても大丈夫なんだとか。

 

また、装着後に薬剤のぬめりなどが気になった場合は、うがいや歯磨きもしても大丈夫とのことでした!

薬剤は1箱4本入りで、1ヶ月で1箱、つまり1週間で1本使うのが目安だそう。 

自宅で1か月のホームケア

ホームホワイトニングの方法、注意点などを聞き、マウスピースを受け取ったらあとは自宅でケアをするだけ!

初回は1か月分の薬剤がもらえますが、より白い歯を目指したい場合や、ホワイトニングをやめてしまって歯の色が戻ってきたと感じた時に追加で薬剤だけ購入することもできます。

1度ホワイトニングをして歯の色が戻ってしまっても、ホワイトニングをすれば1週間くらいで白さを取り戻すことができるのだとか!

 

ありが歯科では、ホワイトニングの主成分である過酸化水素が10%と20%含まれた薬剤を使用しており、最初は10%でも歯にしみるなどの問題がなければ20%の薬剤を購入することもでき、より早く白い歯に近づけることもできるそう。

お家でマウスピースを数時間装着するだけなので、根気よく続けることが大切ですね!

ありが歯科では歯科矯正なども行っています!

ありが歯科では、ホワイトニングの他に、歯のクリーニングや検査、虫歯や歯周病の予防・治療、抜歯やインプラント、目立たないマウスピース矯正などを行っています。

特に、マウスピース矯正は、月200ドル〜と日本の約半額の価格で行うことができます。

 

▶︎ご予約・お問い合わせはこちら

詳細情報

 

▶︎ご予約・お問い合わせはこちら


行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板