ハノイでおすすめのカフェ19選|おしゃれなカフェから隠れ家カフェまで紹介

ハノイでおすすめのカフェ19選|おしゃれなカフェから隠れ家カフェまで紹介

ハノイにはおしゃれで静かな隠れ家的カフェが数多くあります。

また、ハノイの観光地であるホアンキエム(Hoan Kiem)地区には、連日賑わいを見せるカフェもたくさんあります。

今回はハノイのおすすめカフェを紹介します。

 

 

ハノイのカフェ事情

 

ベトナムはブラジルに次いでコーヒーの生産量が第2位のコーヒー大国です。

コーヒーの文化が根強いベトナムではカフェが数多くあり、ハノイ市内にも世界的チェーン店やローカルのカフェなどが多く点在しています。

 

ベトナムにはブラックコーヒーとカフェ・スア・ダー(cà phê sữa đá)と呼ばれる味が濃くて甘いコーヒーがあります。ローカルのカフェで出されるコーヒーはほとんどがカフェ・スア・ダーです。

 

「カフェ・スア・ダーは甘すぎてもう少し苦いコーヒーが飲みたい!!」という方はチェーン店に行くのがおすすめです。

 

 

 

ジェラートイタリア(Gelato Italia)

 

ハノイ,カフェ,ジェラート,ジェラートイタリア ,カフェ,アイスクリーム

 

カフェスペース併設のジェラート屋さん「ジェラートイタリア(Gelato Italia)」。ハノイのおしゃれエリア、タイホー地区に位置しています。

 

コーヒーと一緒に楽しむことのできるジェラートは常時15種類程度のフレーバーが並びます。

中でも人気なのは、フレッシュミルクを使ったバニラやオレオ、ダークチョコレート、抹茶など。

他にも、フルーツ天国ベトナムで旬のフルーツを使った魅力的なフレーバーも。

 

ジェラート値段は4万ドン(約200円)〜。コーヒーとジェラートを一緒に頼んでも10万ドン(約500円)〜20万ドン(約1000円)程度で楽しむことができます。

 

ジェラートイタリア 詳細情報

 

 

スターバックスコーヒー(Starbucks Coffee)

 

ハノイ,カフェ,スタバ,スターバックス,コーヒー,おすすめ

 

誰もが知る「スターバックスコーヒー(Starbucks Coffee)」は2014年にベトナムに進出。2018年6月時点でハノイには10店舗ほどあります。

タイ湖(Tay Ho)やハイバーチュン(Hai Ba Trung)地区などの日本人が多く住む地域にも店舗があるため、アクセスも便利です。

 

おおよそ日本と同じメニューですが、中にはアジアンドルチェラテなど日本では味わうことのできないメニューも。

値段はベトナムだから安いということはなく、日本と同じくらいの価格です。

 

ベトナムの「スターバックスコーヒー」には全店Wi-Fiが完備されているので、仕事をするのにもおすすめ。

Wi-Fiに接続するには商品購入時のレシートに書いてあるパスワードが必要です。

1個のパスワードで1時間しか利用できませんが、店員さんにお願いすれば新しいパスワードをもらえるので、安心です。

 

スターバックス 詳細情報

 

 

 

ハイランズコーヒー(Highlands Coffee)

 

ハノイ,カフェ,ハイランズ,ハイランズコーヒー,コーヒー,おすすめ

 

ベトナム版「スターバックス」というような立ち位置の「ハイランズコーヒー(Highlands Coffee)」。

「ハイランズコーヒー(Highlands Coffee)」はベトナム国内で最多店舗数を誇る大手コーヒーチェーン店です。

ハノイ市内だけでも40店舗以上あり、ベトナム人のの心を掴んでおり、現地での人気はダントツと言えるでしょう。

 

現地に根付いてるだけあり、ベトナムならではのお手頃価格である点も魅力の1つ。

苦味と甘みのコンビネーションがくせになるベトナムコーヒーは2万9000ドン(約130円)〜。

そのほか、日本人からも人気のあるフラペチーノなどもあります。

 

ハイランズコーヒー 詳細情報

 

 

 

カフェマイ(Cafe Mai)

 

ハノイ,カフェ,コーヒー,カフェマイ,コーヒー豆,おすすめ

 

「カフェマイ(Cafe Mai)」はベトナムでは珍しい、コーヒー豆の量り売りをしてくれるチェーン店です。

カフェとしてだけではなく、自宅用やお土産用としてコーヒー豆を購入していくお客さんが多いそうです。

 

最も安いコーヒー豆で1キロ44万ドン(約2200円)、最も高価なもので1キロ160万ドン(約8000円)程度です。

もちろん持ち帰り以外の商品も充実しています! 「カフェマイ」ではコーヒー豆を店内で挽きおろしているため、出来たてでコクが深いコーヒーを味わうことができます。

 

Cafe Mai 詳細情報

 

 

 

オードゥセラー(O'Douceurs)

 

ハノイ,カフェ,ペイストリー,ベーカリー,コーヒー,オードゥセラー

 

ハノイ駅近くに佇むフランス人経営の「オードゥセラー(O'Douceurs)」。

お店の看板にフレンチ・ペイストリー&ベーカリーと書いてあるとおり、ケーキやパイ、パンなどと一緒にコーヒーを楽しむことができます。

 

店内に入ると目に入るショーケースには、色とりどりのケーキやエクレアが並べられており、選ぶだけでも楽しくなってしまいます♪ 

ケーキは1つ約4万ドン(約200円)ほどで、コーヒーや紅茶も5万ドン(約250円)なので、カフェ利用であれば10万ドン(約500円)くらいで楽しむことができます。

 

そのほか、パスタやサンドウィッチなど軽食メニューもあるので、カフェ利用以外にも朝食、ブランチ、ランチにもおすすめ。

店内は2階に2人~4人掛けのテーブルが用意されており、のんびりと時間を過ごすことができます。

 

O'Douceurs 詳細情報

 

 

コン・カフェ(Cong Caphe       

 

ハノイ,カフェ,コンカフェ,コーヒー,レトロ,昔

 

「コン・カフェ(Cong Caphe)」ベトナムの北の都、ハノイの昔をコンセプトにしたカフェです。

今ではベトナム人の若者に人気を集め、ベトナム全土に店舗がありますが、「コン・カフェ」の発祥はハノイ。

北ベトナムの軍服をモチーフにしたユニフォームをきたスタッフが出迎えてくれる「コン・カフェ」の店内はレトロな雰囲気そのもの。コンクリート打ちっ放し風の壁沿いには古書が並んでいます。

 

おすすめはハノイ発祥のベトナム名物の1つ「ヨーグルトカフェ」です。

ヨーグルトとコーヒーの組み合わせは日本では想像できませんが、これが意外と美味しく、外国人観光客からも人気を集めています。

 

ヨーグルトカフェは4万ドン(約180円)、コーヒー類は2万9000ドン(約130円)〜5万9000ドン(約270円)、スムージーやフレッシュジュースは5万9000ドン(約270円)です。

どの時間帯でも混雑しているため、長時間の休憩にはあまり向きませんが、小休憩には最適です。

ベトナムにいるなら一度は行っておきたいカフェです。

 

Cong Caphe 詳細情報

 

 

 

エス・パティスリー(S'Patisserie)

 

ハノイ,カフェ,エスパティスリー,パティスリー,ケーキ,スイーツ

 

ホアンキエム湖のほとりに位置する「エス・パティスリー(S'Patisserie)」。

店内の右側にパン、左側にコーヒーとケーキを販売するスペースがあります。

もちろん、イートインスペースもあり、1人で読書や仕事をしたりするのにおすすめのカウンター席のほか、友達とゆったりと時間を過ごすことのできる4〜7人掛けのテーブル席もあります。

 

店名にもなっているパティスリーという言葉を裏切らないほど、ケーキやマカロン、パンはどれをとっても美味。

予算は4万5000ドン(約200円)〜6万5000ドン(約300円)ほど。

ホアンキエム湖周辺で休憩をしたい時に立ち寄ってみてください♪

 

S'Patisserie 詳細情報

 

 

サントノーレ(Saint-Honore)

 

ハノイ,カフェ,サントノーレ,パン屋さん,パン屋,おすすめ

 

フランス人経営のパン屋さん「サントノーレ(Saint-Honore)」。

ハノイだけでなくホーチミン 、ダナンにも店舗がありベトナムの日本人駐妻から絶大な支持を誇っています。

ハノイには店舗が10店舗ほどあり、タイホーエリアの店舗は1階がパン屋、カフェスペースになっており日本人の利用も多いようです。

 

店内はクラシカルなデザインで、落ち着いた雰囲気。美味しいパンとコーヒーをゆったりと楽しむことができます。

朝食メニューやパスタなどのランチメニューもあるので、カフェブランチやカフェランチにもおすすめ。

 

コーヒーは5万ドン(約250円)程度で、食事メニューは20万ドン前後。

もちろん、お持ち帰りのパンを買うだけのベーカリーとしての利用もOK!

 

Saint-Honore 詳細情報

 

【次のページ】
ローカルカフェや日本語対応可能なカフェも?


行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板