ハノイで日本食を食べるならココ! 接待で使えるお店や深夜営業のお店を紹介

ハノイで日本食を食べるならココ! 接待で使えるお店や深夜営業のお店を紹介

ハノイにはたくさんの日本食店があり、「ラーメン」「お寿司」「ハンバーグ」「焼肉」などの様々な日本食を楽しむことができます。今回は接待で使用できるお店や深夜まで営業しているお店などハノイにある日本食店を地区別に紹介します!

 

 

キンマー

 

キンマー地区はハノイの有名な日本人街の1つで日系企業や日本食店、日系ホテルなどがあり、多くの日本人が生活しています。
また、ハノイ最高層のビルであるロッテタワーやベトナム大手不動産会社ビングループの子会社が建設したコンドミニアムのビンホームズメトロポリスがあるなど、発展が続く地区です。ノイバイ国際空港から約25分の場所にあります。

 

ハンバーグ&ステーキ専⾨店「也-NARI-」

「也(NARI)」はキンマー通りの日本食料理店が立ち並ぶ道の端に位置しているハンバーグ&ステーキ専門店です。「也」では特注の鉄板を使用してお肉を一枚一枚丁寧に焼き上げています。そのため、一口頬張れば肉汁が溢れるのジューシーな味わいが広がります。
ランチタイムには和風ハンバーグやステーキ弁当などのお弁当も大好評です。もちろんお弁当に使われるお肉も一枚一枚丁寧に特注鉄板で焼き上げているため、焼きたてのジューシーなお肉がふんだんに入ったお弁当を楽しむことができます!! 
さらにお弁当の宅配も行なっており、キンマー(Kim Ma)周辺地区を対象に配達を行なっています。ランチタイムにはお弁当以外も通常通り営業しており、ランチにお肉を頬張れば午後の活動も頑張れること間違いなしです!

 

詳細情報

 

令和(Reiwa)

キンマー通りにグランドオープンした日本食レストラン「令和(Reiwa)」。 メニューは関西風お好み焼きを始めとした本格鉄板焼をメインに、豚玉11万ドン(約550円)、オムそば12万ドン(約600円)など、日本でお馴染みの一品料理を多数ご用意しております。 お飲み物は、生ビールが5万5000ドン(約275円)、幻の芋焼酎「森伊蔵」など、こだわりの日本酒や焼酎の他、ワイン・サワー・ソフトドリンクなど幅広くご用意しております。 大部屋だけでなく個室もあり、宴会コースもご相談ください。

 

詳細情報

 

浪速割烹 㐂六庵(きろくあん)

キンマー地区の小道にひっそりと暖簾を掲げる日本食・浪速割烹「㐂六庵」。

大阪(浪速)料理は「京の持ち味、大阪の食い味」と言われる通り、旨口の味付けが特徴です。

料理長自らが厳選した食材を、食べ手の味覚に合わせて仕上げる日本に限りなく近い浪速割烹を楽しむことができます。

店内には個室席もあり、接待や会食などプライベートな空間で気兼ねなく、お食事を楽しむことができます。

 

「㐂六庵」詳細情報

 

アズマレストラン(AZUMA RESTAURANT)

アズマレストラン

「アズマレストラン(AZUMA RESTAURANT)」はキンマー地区にあるジャンボー(Gian Vo)湖沿いにある4つ星ホテル、レイクサイドホテル(Lake Side Hotel)内にあるレストランです。寿司や焼肉、鍋など様々な日本食を味わうことができます。

最大の特徴は「寿司カウンター」「鉄板テーブル」「焼肉」「和食エリア」など料理のジャンルに合わせてテーブルが用意されていることです。食べる料理に合わせてテーブルが別れているため、服に焼肉などの匂いが服につくことを気にすることなく楽しめます。

さらに、100名以上収容可能な大広間やVIPルームなどもあるため、接待など少人数での利用から宴会やパーティなど大人数での利用までシーンに合わせて選ぶことができます。

 

詳細情報

 

炭ぼうず

「炭ぼうず」はキンマー通りとNgoc Khanh湖の間に位置するハノイで最も有名な本格焼き鳥居酒屋です。特徴は何と言っても日本人の舌に合う塩味の効いた濃厚な味付けの串焼きです。店内では備長炭を使用して目の前で串を焼き上げてくれるのでまるで日本の居酒屋にいるような気分になります。焼き鳥はつくねや豚バラなどの定番メニューだけでなく野菜の串焼きなども用意されています。
価格は焼き鳥が1本約3万ドン(約150円)や唐揚げが11万ドン(約550円)、ランチセットは12万ドン(約600円)〜13万ドン(約750円)ほどです。
店内は1階はカウンター席なテーブル席あり、2階へ上がると14人まで収容可能な座席が用意されているので宴会などでも使用することができます。

 

詳細情報

 

お富さん

「お富さん」はレジデンスとオフィスビルの入ったDMCタワーの2階に位置する新鮮な魚介類が楽しめる日本食店です。日本でも千葉にお店を展開しており、海鮮料理が美味しいと評判のお店です。メニューはその他にも串焼きが1本1万5000ドン(約75円)、だし巻き卵が15万ドン(約750円)、揚げ物が約9万ドン(約450円)など様々なメニューが用意されています。また、ランチメニューも行っており、約15万ドン(約750円)で味わうことができます。また、日本酒や焼酎の種類も豊富にあるため、仕事終わりにお酒を飲みながらゆっくりすることができます。
店内はテーブル席やカウンター席、座敷があり、大人数での宴会や個室で少人数で楽しみたい方など様々なシーンで利用することができます。

 

詳細情報

 

千房

「千房」は大阪に本店があるお好み焼き店です。
ハノイにはキンマー店の他にハイバーチュン地区に2号店があります。キンマー店は「炭ぼうず」や「お富さん」と一緒の通りに位置しており、店舗は建物の2階にあります。店内にはお好み焼きを焼く姿が目の前で見ることのできるカウンター席の他に、テーブル席や個室もあります。
メニューは本場の大阪お好み焼きの他に焼きそばや豚ペイ焼きといった様々な鉄板料理があります。予算は1人当たり30万ドン(約1500円)ほどですまた、サラダや一品料理の種類も充実しており、お酒の種類も豊富なため、会社の飲み会や友人との食事会にも使用することができます。

 

キンマー店詳細情報

 

チューヴィエットブン店詳細情報

 

個室居酒屋たちばな

「個室居酒屋たちばな」はNgoc Khanh湖のほとりにある日本人経営の居酒屋です。個室が数多く用意されており、店内の内装からまるで日本にいるかのような空間で日本食を楽しむことができるため、ハノイの日本人サークルや会食などで頻繁に利用されています。
人気メニューは12万9000ドン(約645円)から注文が可能なすき焼きやしゃぶしゃぶ、博多水炊きです。複数人で鍋をつつきながら焼酎や日本酒を飲み、〆に自家製鶏がらスープを使用したラーメンやタンメンを食べるのもおすすめです。

 

詳細情報

 

リンラン

 

リンラン地区はロッテタワーから徒歩圏内にある日本人街です。多くの日本人が住んでおり、日本食レストランも数多く立ち並んでいる場所です。ここではリンランにあるおすすめの日本食レストランを紹介します。

 

半べゑ

ハノイの東屋ホテル・リンラン店に併設されている本格日本食・居酒屋「半べゑ」。

タイでレストランを展開する飲食業界歴20年のオーナーが、 2019年8月にオープンしたもつ鍋と炭火焼き、50種類を超える焼酎が売りのお店です。

店内には半個室もあるため、プライベートな空間でお食事とお酒を楽しむことができます。また、最大35名の宴会利用も可能。

深夜まで営業しているので、2次会などの利用にもおすすめです。

 

詳細情報

 

ラーメン大山

ラーメン大山

 

ハノイで味噌ラーメンを食べたいと思ったら間違いなく「ラーメン大山」です。

「ラーメン大山」は「北海道味噌ラーメンと十勝豚丼のお店」と言われるほどベトナム在住の日本人から大人気のラーメン・豚丼のお店です。

さらに「ラーメン大山」では北海道の三大ラーメンである「札幌の味噌」「旭川の醤油」「函館の塩」も味わうことができるんです‼︎

麺・スープ・たれ・チャーシューそれぞれにこだわった「ラーメン大山」のラーメンを是非味わってみてください‼︎

また、「ランチにラーメンは重いな、、、」という方でもSサイズがあるため、ランチの忙しい時でも気軽に足を運ぶことができます。

 

シレナショッピングセンター店

 

バークラシック(Bar Classic)

バークラシック

「バークラシック(Bar Classic)」はリンラン通りから少し小道に入った場所にある日本人経営のバーです。バーではあるものの、「お酒を呑まずにご飯だけ食べるお客さんも大歓迎!」という珍しいバーです。「バークラシック(Bar Classic)」では「Bar飯」と呼ばれるほどメニューが充実しており、鉄板ナポリタンが17万ドン(約850円)やトンペイ焼きが11万ドン(約550円)など和食やイタリアン、フレンチといった様々なメニューが提供されています。店内はカウンター席があり、奥に行くと個室も用意されており、2次会で複数人で楽しむこともできます。

 

詳細情報

 

福来

「福来」はリンラン地区のダオタン通りから裏通りに入った場所にある日本食料理店です。日本人のお客様に日本にいるような雰囲気で快適に食事をしてもらえるように空間づくりにこだわっています。店内には1階がカウンター席、2階から4階が全て個室になっており、4人〜6人の部屋や10人以上を収容することのできる部屋まで用意されています。個室の内装は日本風の絵画がデザインされていたり、落ち着きのある照明が使用されていたりと細部までこだわっています。
料理は刺身の盛り合わせが53万9000ドン(約2695円)、海鮮鍋が55万ドン(約2750円)そのほかにもザルうどんや焼き魚など多種多様なメニュがあります。個室で清潔感のある静かな空間なので接待などのビジネスシーンで利用するには最適です。是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

詳細情報

 

ふか田

ふか田はハノイのリンラン通りの端にある日本食料理レストランです。「ふか田」の料理長である深田さんは日本で寿司屋や和食屋で20年以上の料理の経験を積んだベテラン板前です。メニューは海鮮料理や和食、肉料理などもありメニューが豊富です。店内には深田さんが自筆で書かれたメニューが紹介されており、中には面白いコメントもあって読むだけでも楽しめます。さらに季節や気温に合わせて毎週メニューが変わるため、何度言っても飽きることがありません。例えば冬には鴨鍋が30万ドン(約1500円)や熟成ハタ鍋が45万ドン(約2250円)などがあります。接客をするスタッフは日本語が話せる人も多く、気持ちよく迎えてくれます。うどんセットメニューや定食などもあるため、一人で気軽に立ち寄ることもできます。

 

 詳細情報

 

鉄板ベトナム

「鉄板ベトナム」はハノイで本格的な大阪のお好み焼きを味わうことのできるお店です。日本人の料理人がお好み焼きを始め、焼きそばやチャーハンなどの料理を提供しています。店内はテーブル席や座敷があり10人以上の大人数でも十分入れる広さの部屋もあります。また、様々な鉄板メニューに加え、種類豊富に一品メニューも提供しているため、仕事終わりに居酒屋として利用することもできます。日本人スタッフが常駐しているため、ベトナム語や英語を話すことができなくても、気にすることなくお店に行くことができます。

 

詳細情報

 

焼肉 心

「焼肉 心」はハノイのリンラン通りにある、2009年にオープンした当店は日本人から人気の焼肉店です。店内は日本人が落ち着ける和の雰囲気になっています。1階はカウンター席、2階と3階は個室になっており、個人でも団体でもシーンに応じて利用することができます。

 

詳細情報

 

 

タイホー

 

タイホー 日本人や西欧人が多く住む地区で、イタリアンや日本料理レストランなど、外国人向けのレストランが多数ある地区です。日本人が住むレジデンスもあり、外国人に人気の地区です。ここではタイホー にある日本料理レストランを紹介します。

 

八十八商店

「八十八商店」はハノイのタイホー地区に佇む和食居酒屋。

お肉料理や鍋料理などの幅広い和食メニューを楽しむことのできる居酒屋です。

幅広い和食メニューの中でもおすすめは、毎週日本から仕入れる魚介類を使用した料理。

日本では普通にあるけど、ベトナムでは中々味わえない魚介類を使った料理も味わうことができます。

店内に入るとまず目に入るのが、カウンター席に囲まれたオープンキッチン。

日本人料理人が腕を振るう姿が、臨場感を醸し出す店内には、カウンター席やテーブル席、個室席があります。

普段使いのお食事や、接待・会食などのビジネスシーンなど、様々な用途で利用可能。

 

店舗情報

 

ザ・スシ・クラブ(The Sushi Club)

「ザ・スシ・クラブ(The Sushi Club)」はタイ湖沿いにあるお寿司屋さんで外観、内観ともに清潔感があり、おしゃれな雰囲気の漂うお店です。1階がカウンター席、2階がテーブル席で2階からはタイ湖を眺めながら料理を楽しむことができます。メニューは寿司の盛り合わせが約80万ドン(約4000円)、日曜日はお昼限定でオーダーバイキングがあり、27万5000ドン(約1375円)です。サービスも日本的で日本語の話せるスタッフがいます。少し高価ではあるものの雰囲気やサービスなど満足できること間違いなしです。​

 

詳細情報

 

 

ハイバーチュン

 

ハイバーチュンは有名な観光地区であるホアンキエム地区からも近く、多くの日本人在住者が生活している地区です。ビンコムやスーパー、レストランなども多く生活しやすい地区です。日本食レストランも数多くあり、昔からある日本食料理レストランが多いです。ここではそんなハイバーチュンにある日本食レストランを紹介します。

 

東屋ダイニング

「東屋ダイニング」はハノイに5店舗展開する日系ホテル「東屋ホテルハイバーチュン1号店」に併設されている居酒屋兼日本食料理レストランです。店内はカウンター席とテーブル席に分かれており、東屋ホテルの宿泊者が多く利用しています。ハイバーチュン地区に生活している在住者も利用することが多く、人気の日本食レストランです。店内には30種類以上の焼酎と40種類以上の日本酒が常備されており、ボトルキープを行う人も多いです。メニューは豊富な種類の串焼きが1本3万ドン(約150円)で提供されており、他にも「枝豆」や「タコの唐揚げ」などお酒を飲みながら楽しめるメニューが豊富にあります。

 

詳細情報

 

よこ井

「よこ井」は飛騨牛と天ぷらが有名な日本食料理店です。とろけるような牛肉と揚げたての天ぷらを食べると満足すること間違いなしです。さらにメニューは「ステーキ」「天ぷら」「しゃぶしゃぶ」「すき焼き」と厳選した4種類のメニューのみで、どれも一流の料理が提供されます。さらに、食材や保存方法などにこだわっており、日本の美味しさを感じることができます。それぞれのコースは240万ドン(約1万2000円)〜290万ドン(約1万4500円)で提供されており、店内はカウンター席や個室が用意されています。

 

詳細情報

 

匠屋

「匠屋」は横浜市を中心に展開する焼肉店で2018年3月にハノイに焼肉としゃぶしゃぶが楽しめるお店として進出しました。新鮮さにこだわった焼肉は自家製ダレを提供しており、日本人好みの味付けがされています。しゃぶしゃぶも自家製のタレやポン酢を使用しており、肉との相性は抜群です。一押しメニューはしゃぶしゃぶ食べ放題で一人36万VND(約1800円)で楽しむことができます。
店内には個室だけでなく、最大30人まで収容できる部屋も用意されているので、宴会などの大人数でも使用することができます。

 

詳細情報

 

紀伊(KYY)

「紀伊(KYY)」はハイバーチュン地区にあり、在住歴が長い人で知らない人はいない老舗の日本食料理店兼居酒屋です。メニューは寿司の盛り合わせが40万5000ドン(約2000円)、唐揚げ定食屋業さ定食などの定食が13万5000ドン(約675円)、そのほかにもおつまみなどのメニューが豊富です。さらに食材にもこだわっており、日本人オーナーは魚介類ならハロン湾やハイフォンへ、野菜類なら山間部へ自らがおもむき材料を調達しています。そんな日本人オーナーが作る魚料理や野菜料理、肉料理を食べながらお酒を飲むのもいいかもしれません。「紀伊」では定番のビールはもちろん、日本各地のご当地焼酎や日本酒なども楽しむことができます。店内の2階と3階には個室になっているため、接待でもオススメの居酒屋です。

 

詳細情報

 

故郷

「故郷」はハイバーチュンのTrieu Viet Vuong通りにある日本食レストランです。店内は天井が高く、開放的な雰囲気になっています。1階はテーブル席、2階には座敷があり、友人とプライベートで利用したり、接待として利用することもできます。日本人の料理人がおり、日本人好みの料理を提供しています。メニューは焼き鳥の盛り合わせが16万8000ドン(約840円)や出汁巻明太子が16万8000ドン(約840円)など一品一品こだわりのある料理を提供しています。

 

詳細情報

 

鮨人

「鮨人」はホーチミン発のベトナム人経営のお寿司がメインの日本食レストランです。ハノイには3店舗展開しており、各店舗それぞれ雰囲気やコンセプトが異なります。ハイバーチュン店は高級感漂う雰囲気の本格日本食料理店で多くのベトナム人が足を運びます。店内に入ると大きな一枚板のカウンター席が印象的です。さらに奥に進むと庭園のような空間があり、吹き抜けになっています。メニューは寿司の盛り合わせが75万ドン(約3750円)や牡蠣焼きが14万ドン(約700円)など日本人だけでなくベトナム人向けのメニューが用意されています。

 

詳細情報

 

 

ホアンキエム

 

ホアンキエムはハノイの有名な観光地であるホアンキエム湖がある地区で多くの外国人がいます。また日系企業が入っているオフィスビルや日本人向けのレジデンスがあります。

 

東京レッドグリル(Tokyo Red Grill)

「東京レッドグリル(Tokyo Red Grill)」はハノイの日本人向けレジデンスである「サンレッドリバー」に併設されている日本食レストランです。お客さんの満足度を高めるためスタッフの接客マナーはもちろん、料理の食材にも厳しいチェック行い行われています。メニューはマグロの盛り合わせが58万ドン(約2900円)や天ぷらの盛り合わせが35万ドン(約1750円)、ランチセットが16万5000ドン(約825円)など50種類以上あります。さらに、お客さんのお好みや要望に合わせて柔軟に対応してくれるのも嬉しいポイント。予算や好みなど希望があればコースメニューや宴会メニューにも対応してくれます。​

 

詳細情報

 

 

トゥーリエム

 

トゥーリエムは都市開発の進む地区で現在、高層ビルが数多く立ち並んでいます。また、日本人学校もあり、家族連れの日本人在住者も住んでいます。ここではそんなトゥーリエムにある日本食料理レストランを紹介します。

 

アキラ・バッグ(Akira Back)

「アキラ・バッグ(Akira Back)」はハノイ郊外にある5つ星ホテル「JWマリオットホテル」の中に併設されているレストランです。韓国出身で日本やアメリカに在住経験のある有名なシェフ「アキラ・バック」が創業したレストランで、シンガポールやインドネシア、タイなどにお店を展開する韓国料理と日本食を合わせた創作料理を楽しむことができます。
メニューは「はまちの薄造り」が36万ドン(約1800円)やエビの天ぷらやサーモンの炙りなどが入った「パーフェクトストーム」が33万ドン(約1650円)といった、様々な国で経験を積んだアキラ氏だからこそ生み出せる新しい料理の数々が提供されています。来店する際はドレスコードがあるので、カジュアルになり過ぎず、服装に気をつけるようにしましょう。

 

詳細情報

 

 

まとめ

 

ハノイでは日本食レストランが次々とオープンしており、日本のレストランと変わらない味や雰囲気を楽しめるお店ができつつあります。紹介した以外にもまだまだたくさん日本食レストランがハノイにはあるので、お気に入りのお店を探してみてください!

 

※この記事に記載されている情報は2019年3月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事


行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories