ベトナムのWiFi事情はどう?レンタル会社を徹底比較!!

ベトナムのWiFi事情はどう?レンタル会社を徹底比較!!

ベトナムでのWiFi事情は観光客や在住者にとって欠かせない情報です。スマートフォンが普及した現在、ポケットWiFiは海外旅行の必需品ともなっています。海外でのWiFiレンタルで「回線は3Gと4G回線のどちらの方がいいの?」や「SIMカードを買った方がお得なの?」といった様々な疑問があると思います。今回はベトナムの無料WiFiスポットやポケットWiFiを格安でレンタルできるおすすめの会社を紹介します!

 

 

ベトナムのWiFi事情

 

ベトナムでは2018年現在、スマートフォンの利用率が急激に伸びています。スマートフォンの普及に伴い、街中でも無料でWiFiを利用できる場所が増加しています。WiFiが利用できる店はたくさんあり、カフェやレストラン、ホテルをはじめ、商業施設でも使うことができます。

一方で、ローカルの食堂や屋外の屋台では無料WiFiの回線が無い場合があります。WiFiに接続していない場合は日本のキャリアの携帯電話はインターネットに接続できません。ローカルの屋台や、屋外でインターネットを接続したい場合にはポケットWiFiが有効です。

 

ベトナムでは3Gが主流

3G回線とは「第3世代」と呼ばれる通信規格の総称です。メリットとしては電波が届くエリアが広く、電波が建物や地下などの障害物に強いことです。デメリットとしては通信速度が遅いことが挙げられます。ベトナムで3G回線のポケットWiFiを使うと極端に通信速度が遅い場合があります。Google MapやLINEなどは問題なく使用できますが動画を見たりネットサーフィンをするにはあまり適していません。

 

一方で4G回線とは「第4世代」と呼ばれる通信規格の総称です。メリットは通信速度が早いことです。ただ電波が届くエリアが3G回線よりも狭く、障害物には弱いといったデメリットもあります。

 

ベトナムでは3G回線が主流です。日本では4G回線が主流のため、ベトナムの通信速度は少し遅く感じるかもしれません。ベトナムでも4G回線の利用者が増えてはいますが、料金が3Gと比べて高いうえに通信状況も芳しくないため、あまり普及していないのが現状です。

 

SIMカードとは?

SIMカードとは携帯電話に挿入されている、加入者を特定する為のICカードのことを指します。20万ドン(約1000円)〜30万ドン(約1500円)のSIMカードを購入すれば10GB〜20GB分の通信容量を購入できます。これはベトナムに1ヶ月滞在しても充分な通信量です。

 

ベトナムのSIMカードは空港で買える⁉ おすすめの種類や購入場所を紹介

【次のページ】
ポケットWiFiのレンタル会社を徹底比較


おすすめのプロモーション

行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板