ベトナムの家賃相場いくら?? ハノイやホーチミン別に紹介

ベトナムの家賃相場いくら?? ハノイやホーチミン別に紹介

ベトナムの家賃相場や家賃に関する税金はどのくらいか知っていますか? ハノイやホーチミンなど住む場所によっても家賃は異なるのでしょうか? 新しい土地で生活する際、気になることの一つに家賃は含まれると思います。ベトナムの家だったらなおさらです。今回はベトナムの家賃事情について解説します。

 

 

ベトナムの家賃事情

 

ベトナムの家賃も日本と同様、部屋や家のタイプ、築年数などによりさまざまです。

ホーチミンでは、大家さんと同じ家に住むローカルアパートは250ドル(約2万7500円)/月〜に対し、コンドミニアム(マンション)は1500ドル(約16万5000円)/月を超える物件まであります。特に、ホーチミンでは中心部の1区や西洋人街と呼ばれているタオディエンは他の地域に比べて家賃相場が比較的に高いと言われています。

ハノイは土地が広く、地区によっても家賃が変わります。日本人も多く住むキンマーやハイバーチュンエリアの家賃は500ドル(約5万5000円)〜2000ドル(約22万円)までさまざまです。

 

 

ベトナムの家賃相場

 

ベトナムに赴任することになったら、最初に気になるといっても過言ではないのが家賃だと思います。ここではハノイやホーチミンで有名な地域を中心に平均的な家賃と家のタイプを紹介します。

 

〜3万円/月

大家さんと同じ家に住むローカルアパートの場合、月に3万円以下で部屋を借りることが可能です。ベトナムでは家の玄関に「Room For Rent」という看板が出ていることが多く、その看板に書かれている電話番号に連絡をとって部屋を借りることができます。ベトナム語が話せないという方はベトナム人の知り合いや通訳の方に手伝ってもらうのがおすすめです。

大家さんと同じ家住むと聞くと、1部屋だけ与えられ、プライベートがなくなるようなイメージを持つ方も多いと思いますが、ベトナムではワンルームにトイレやシャワーが付いている部屋が多いので、部屋の中ではプライベートに過ごすことができます。また、冷蔵庫やテレビが付いていることも多く、ホテルの部屋と同じのように滞在することができます。家によってはトイレやシャワーが共同の場合やキッチンが付いている場合などもあるので、内見するときに確認してみてください。

 

3〜6万円/月

家賃が月に3〜6万円だと、日本のアパートやマンションのように管理人がいるサービスアパートメントに住むことができます。サービスアパートメントはローカルアパートに比べると防犯カメラや警備員などセキュリティ対策がしっかりしている場合も多いです。部屋のデザインやインテリアなどにこだわっている部屋もあります。

 

7万円〜/月

家賃が月に7万円以上になると、日系のサービスアパートメントやビングループなど大手不動産会社が運営しているマンションに住むことが可能です。通常のサービスアパートメントよりジムやプールなど設備が充実している家に住むことができます。セキュリティもしっかりしているので、家族連れの方にもおすすめです。

 

税金(VAT)はどうなるの??

賃貸をするときにもう一つ気になるのが税金。ベトナムでは家賃を住宅手当として支給する場合と会社が家主に家賃を支払う場合で税金が異なります。後者の場合、給与所得に加算される金額は(家賃を除く)総所得の15%までに制限され、超過部分については給与所得計算から除外されます。後者の方が納税額が少なく済むことが多いそうです。

 

 

ベトナムでの部屋の探し方

 

いざベトナムにやってきて、部屋探しからスタートするという方も多いのではないでしょうか? ここではベトナムでの部屋探しの方法をいくつか紹介します。

 

不動産会社に問い合わせる

日本と同様、ベトナムにも不動産会社はあり、そこに問い合わせることができます。特に英語やベトナム語に自信がない方は日系の不動産会社がおすすめです。日系の不動産会社だからこそ、きめ細かいサポートが充実している場合が多いです。ただ、不動産会社経由だと仲介手数料を請求される場合があるので、費用を抑えたいという方は大家さんと交渉することも可能です。

 

インターネットから探す

GoogleやYahoo! などの検索エンジンで不動産を検索すると不動産会社のホームページが物件を紹介しています。相場を確かめたいときなどはおすすです。それだけでなく、駐在者専用のFacebookグループなどで物件の貸し借りを行っている場合もあります。

実は、POSTE内にも不動産情報の掲示板があり、そこで物件を探すこともできます。POSTEユーザーの方が投稿する場合も多く、日本語で交渉や手続きができるのは嬉しいポイント!! ぜひPOSTEの不動産情報にもアクセスしてみてください。

 

 

「Room For Rent」の看板がある物件に連絡する

ベトナムの路地裏などを歩いていると「Room For Rent」という看板が付いている家をよく見かけたことのある方も多いのではないでしょうか?? 「Room For Rent」は、その看板通り大家さんと交渉してその家に住むことができます。仲介手数料などがかからないため一番安く家を借りる方法といっても過言ではありません。ただ、英語や日本語が通じないことも多いので、ベトナム人の友人といっしょに交渉することをおすすめします。

 

 

ベトナムでよくある部屋の種類

 

日本で賃貸をするとき、アパートやマンションなど部屋の広さや高さの違いがありますが、ベトナムはどうでしょうか?? ここではベトナムでよく見かける部屋の種類を紹介します。

 

サービスアパートメント

サービスアパートメントは主に外国人向けに部屋の清掃や選択、シーツの交換などが付いたアパートです。何かトラブルが発生したときに日本語で対応してくれる日系サービスアパートメントもあり、ベトナム語や英語が苦手な方にもおすすめです。警備員が常駐しているサービスアパートメントもあり、女性も安心して住むことができます。

 

ローカルアパート

ローカルアパートはベトナム人向けの一般的なアパートです。日本の団地のような造りになっていることが多く、ときには外国人を受け付けていない場合もあります。ローカルアパートはサービスアパートメントと異なり、清掃や洗濯のサービスは付いていません。

 

シェアハウス・ルームシェア

ベトナムで一軒家やコンドミニアムをシェアすることもできます。プライベートの部屋が1人1つ用意され、リビングやキッチン、トイレ、シャワーなどは共同で使用する場合が多いです。家賃やルームシェアをする人数にもよりますが、サービスアパートメントを賃貸するより安く済む上、ジムやプールを利用できる場合もあります。ちょっとしたセレブ気分を安く感じられるかも。

 

一戸建て

ベトナムには別荘のように利用できるヴィラもあります。特に中心部から少し離れた郊外にあることが多く、都会の喧騒から離れて落ち着いて過ごすこともできます。豪華なヴィラには専用プールが付いている場合もあります。家族で住むにはぴったりです。

 

ベトナムでの生活費

ベトナムに住むことになったら気になるのが生活費ですよね。人によってさまざまですが、生活費は月に10万円前後で過ごしている方が多い印象です。ベトナムでは家賃だけでなく、食費を抑えることもできるため、10万円以下で過ごすことも可能です。

 

 

ハノイで家を探すならトンキン不動産へ

 

「トンキン不動産」はキンマーのロッテタワーの向かいにある、Daehaビジネスセンターの9階にオフィスがある日本人経営の不動産会社です。
ベトナムではオーナーが外国人との取引に慣れていない場合も多くトラブルが発生することが多々あります。「トンキン不動産」では、入居までのスムーズな段取りや退室の際のアフターサポートまで丁寧に対応してくれます。

 

詳細情報

 

 

まとめ


今回はベトナムの家賃に関して紹介しました。ベトナムに住むことになったらまず見つけないと行けないのは住居ですよね。「家賃を抑えたい気持ちもあるけど、セキュリティが心配......」「ベトナムにせっかく住むならプール付きの豪華な家がいい!! 」のように住む場所はどうしてもこだわりたいという方も多いと思います。ベトナムでの住居選びは慎重に、自分のぴったりな家を探してみてくださいね☆

 

※この記事に記載されている情報は2019年6月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事

 



行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板