ベトナム保健省:入国者向け新ガイドライン発表、投資家、専門家向け

2020年09月23日(水)18時21分 公開
ベトナム保健省:入国者向け新ガイドライン発表、投資家、専門家向け

<写真:VGP News>

 

ベトナム保健省は、14日間以上べトナムに滞在する入国者に対する一時的な医学的監視下に関する新たな医療ガイドラインを政府公式ポータルサイトで発表した。

 

最新のガイドラインの対象者となるのは、外交官や投資家、専門家や経営幹部、外国人留学生、ベトナム国民の親族だという。

 

入国に際し、対象者は、各省および市の人民委員会が指定した宿泊施設またはホテルでの隔離を希望するかを事前に登録する必要があるとされる。

また、対象者らには入国3~5日前に実施したRT-PCR検査の陰性証明書の提示が義務付けられる。

 

到着時には、陰性証明書の提示と検温、場合によってはRT-PCR検査の実施も義務付けられ、出発前に登録した隔離施設へ向かう事になるという。

また、入国後の隔離期間中もRT-PCR検査を実施する必要があり、その際に陽性反応が確認された場合は、治療のため隔離施設へと運ばれるという。

 

全ての入国者は、入国日から6日目までに、感染が疑われる症状があった場合、即座に検査を実施する必要があるとされる。

 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories