菅首相がベトナムに向け日本出発、就任後初の外遊

2020年10月18日15時35分 公開
菅首相がベトナムに向け日本出発、就任後初の外遊

<写真:菅首相公式Facebookより>

 

18日午後、菅首相が初外遊先となるベトナムに向けて羽田空港を出発した。

19日にハノイでフック首相、20日にはインドネシア・ジャカルタでジョコ大統領との首脳会談に臨む予定。

 

出発前、羽田空港で、菅首相は記者団によるインタビューに応じ、「総理大臣に就任して、初めての外遊を、ベトナムとインドネシアにこれから出発する。まずは、新型コロナウイルスの回復に向けての協力関係をしっかり結んでいきたい」と話した。

また、ASEAN地域の諸課題については連携をしていく構えを示した。

ASEANの関係については、その発展についてはフック首相とジョコ大統領とじっくりと話し合いをして、信頼関係を構築して行きたいと話した。

 

さらに、「ASEANは、日本が推進している自由で開かれたインド太平洋を実現するためには極めて重要な鍵・パートナーであると思っている。日本はインド太平洋諸国として、この地域の平和と繁栄のために貢献する。こうした決意を、国の内外にしっかりと示したい。」と自由で開かれたインド太平洋の実現に意欲を示した。

 

菅首相は午後14時30分頃に真理子夫人とともに政府専用機でハノイへと向かった。

 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板