COVAXワクチン、ベトナム到着予定に遅れの恐れ

2021年03月25日(木)13時08分 公開
COVAXワクチン、ベトナム到着予定に遅れの恐れ

<写真:Vietnam News>

ベトナム保健省は、新型コロナウイルスのワクチンの公平な分配を目的とする「COVAX(コバックス)プログラム」を通して受け取る予定のアストラゼネカ製ワクチン417万7000回分が、予定よりも遅れて到着することを明かした。

遅れが生じている理由は、生産数に限りがあるためだという。23日、複数メディアが報じた。

 

以前、ワクチン接種を推進するプロジェクト「予防接種拡大計画(EPI)」は、ベトナムは3月25日にCOVAXプログラムを通してワクチン137万3000回分を受け取り、残り分は4月に到着すると発表していた。

しかし、国連児童基金(UNICEF)は24日、ベトナムは3週間以内にアストラゼネカ製ワクチン81万1200回分を受け取ると発表した。

発表によると、公平にワクチンを分配するため、当初の発表よりも少ない数が届けられるという。

 

ベトナムはアストラゼネカ製ワクチンの他、アメリカのファイザーやモデルナ、ロシアや中国製のワクチン調達の交渉をしているという。

ロシア製ワクチン「スプートニクV(Sputnik V)」については、23日午後にベトナム保健省により同ワクチンの使用が許可された。

これに先立つ16日、ベトナムは、ニコライ・パトルシェフ ロシア連邦安全保障会議書記の訪越に合わせ、ロシアから1000回分を受け取っていた。

 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板