13歳の少女が自殺未遂 ベトナムでもネットいじめが問題に

2021年04月01日(木)16時52分 公開
13歳の少女が自殺未遂 ベトナムでもネットいじめが問題に

<写真:iStock>

ベトナムのメコンデルタ地域で、13歳の少女が殺虫剤を飲んで自殺を図った。

少女はクラスメイトからネット上でいじめを受けていたという。

 

自殺を図ったのはロンアン省在住のNさん(13)で、父親と祖母と一緒に暮らしていた。

Nさんはクラスメイトと口論になり、クラスメイトのグループから仲間外れにされてしまったという。

また、フェイスブック(Facebook)で口論となったクラスメイトからいじめを受けており、それに耐えきれなくなったNさんは殺虫剤を飲んで自殺を図ったという。

 

殺虫剤を飲んだ後、Nさんは嘔吐や呼吸困難、手の震え、眠気などの症状を訴え、祖母に助けを求めたという。

Nさんはすぐに応急処置のため近くの病院へ搬送され、その後ホーチミン市小児病院へと移ったという。

 

診断の結果、殺虫剤中毒と診断されたNさんには、人工呼吸器が装着され、解毒薬が投与されたという。

その1週間後、Nさんの容態は人工呼吸器が必要なくなるまでに回復したという。

 

近年、日本ではインターネットの普及率の上昇とともに、ネットいじめの問題が深刻化している。

ベトナムでも同様、ネット上での生徒間のいじめや陰湿な嫌がらせ行為を撮影した動画が流出する事件が増加している。
 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板