ベトナム大型連休、ダラットには12.5万人  国道で大渋滞も

2021年05月04日(火)17時30分 公開
ベトナム大型連休、ダラットには12.5万人  国道で大渋滞も

<写真:tuoi tre>

 

ベトナム国内における新型コロナウイルスの市中感染の発生を受けて緊張感が高まる中、4月30日〜5月3日までの大型連休、ベトナム各地の観光地は大勢の観光客で賑わいを見せた。

ベトナム人に人気の観光地であるラムドン省ダラットでは、4月30日〜5月2日の間だけで、12万5000人の観光客が訪れたという。

2019年同時期と比較して2.5倍も増加したという。

 

ダラットの主要な観光地であるダタンラ滝、ランビアン山頂、景勝地「Valley of Love」にも、多くの観光客が押し寄せたという。

これらの観光地を連休中に訪れた観光客数は、通常の休日の2倍で、入場券の購入には、約30分の待ち時間が発生した。

ダタンラ滝の入場券売り場では、朝8時30分の時点で混雑していたという。
 

テトに次ぐ大型連休で、国内観光客が急増し、主要道路でも大渋滞が発生したという。

ホーチミン市からのダラットへの車での所要時間は通常約7時間程度だか、連休中はピーク時で17時間以上も要したという。
 

また、連休最終日には、メコンデルタ地域へ帰省していた人々によるUターンラッシュが発生し、ホーチミン市方面へ向かう国道60号線と国道1号線で渋滞が発生。

2日午後2時頃、エンザン省のミトー市及び、ベンチェ省のチャウタイン県を結ぶラックミエウ橋の料金所近くでは、約1キロに及ぶ交通渋滞が発生した。
 

また、ラックミエウ橋からティエンザン省のLuong Phu交差点までの10キロの区間でも多くの人が渋滞に巻き込まれていた。

 

特に、Luong Phu交差点は国道1号線とホーチミン市へと続くTrung Luong高速道路の間に位置しており、救急車が立ち往生するほど渋滞が酷かったという。
 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板