ハロン湾クルーズ船でコロナ濃厚接触者、至福の連休が一転

2021年05月04日(火)17時35分 公開
ハロン湾クルーズ船でコロナ濃厚接触者、至福の連休が一転

<写真:VN Express>

 

ハロン湾で航行していた6つ星クルーズ船「アンバサダークルーズ」の乗組員のうち1人が、ハナム省で確認された新型コロナウイルスの市中感染の感染者と濃厚接触していたことが明らかになった。

これを受けて、同クルーズ船ではクルーズを中止し、船内で乗客乗員約200人を隔離する措置が取られた。

 

クアンニン省ハロン市人民委員会の3日の発表によると、同クルーズ船の厨房スタッフがハナム省 Ly Nhan地区で確認された感染者と結婚式に参加し、インターネットカフェでゲームを共にしていたことが確認されたという。

感染者の濃厚接触者にあたる厨房スタッフは4月29日から同クルーズ船で勤務していた。

 

同クルーズ船には、乗客122人と乗組員60人が乗船しており、ハロン湾周辺で隔離措置を講じるため、運輸省海運総局の指示により旧Bai Chayフェリーターミナルに着岸したという。

その後、濃厚接触者の厨房スタッフは、1回目の新型コロナウイルス検査で陰性が確認された。

これにより乗客122人は下船が認められ、4日以降は自宅隔離措置となった。
 

4月29日以降、ハナム省では新型コロナウイルスの市中感染が確認されている。

同省の人民委員会は、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐため、4月29日から28日間、1000人以上の住民がいる村を封鎖している。

また、カラオケやマッサージ、お祭り、その他の生活に必需でない大規模な集会も停止となっている。
 

 

 

[© poste-vn.com 2012-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板