ホーチミン最大のクラスター、感染者58人に さらに増加も予想

2021年05月29日(土)09時41分 公開
ホーチミン最大のクラスター、感染者58人に さらに増加も予想

<写真:©️VN EXPRESS>

 

ホーチミンのキリスト教福音団体の「リバイバル・エクレシア・ミッション(Revival Ekklesia Mission)」で確認されている同市最大のクラスターについて、これに関連した感染者数が58人となった。

 

当局は接触者1万2300人を追跡し、検査を行っている。

うち、濃厚接触者(F1)が708人で、うち639人からは陰性結果が確認され、69人は検査結果を待っている段階だという。

また、濃厚接触者の接触者(F2)は1万1644人で、5658人からは陰性結果が確認された。その他は現在検査の結果を待っている段階。

 

当局は今後、さらに感染者が増加すると予測している。

ホーチミン市保健局長は今回のクラスターについて、すでに感染サイクルが2回発生したとの見方を示している。

この場合、最初の感染者(F0)から濃厚接触者(F1)に感染が広まり、その後、最初の感染者(F0)から感染した濃厚接触者(F1)が別の接触者(F2)に感染がすでに広まったと考えられる。

 

現段階では、元の感染者(F0)が誰なのか明らかになっておらず、感染源は特定されていない。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板