新型コロナ感染高リスクは3400人、ゴーバップ区の検問所で確認

2021年06月07日(月)14時18分 公開
新型コロナ感染高リスクは3400人、ゴーバップ区の検問所で確認

6日(日)、ホーチミンの保健局は、市内で首相指示第16号に基づいた厳格な社会隔離が講じられているゴーバップ(Go Vap)区への入口となる場所に設置された検問所で行われた医療申告で、新型コロナウイルスの感染リスクが高いとされる人が3400人確認されたことを明らかにした。

 

ゴーバップ区では、合計10箇所の検問所で6日までに、18万5000人の医療申告を受け付け、そのうち3464人が感染リスクが高いと判断されたという。

 

保健局職員は、感染リスクが高いとされた人について、規定に基づいた適切な対応がなされたと話す。

 

ゴーバップ区への入口となる場所には社会隔離が適用された5月31日から検問所が設置されている。

 

検問所での医療申告は先週から実施されており、検問所ではインターネット接続のない人のためにWifiが設置され、医療申告を行う人の手助けをするボランティアも活動しているという。

保健当局は、キリスト教福音団体でのクラスターが確認された当初よりは現在確認されている感染者数は減少傾向にあるとの見方を示している。

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板