ホーチミンの地下水、乱開発により地盤沈下や洪水の原因に

2022年04月29日(金)15時43分 公開
ホーチミンの地下水、乱開発により地盤沈下や洪水の原因に

<写真:tuoi tre>

 

27日に開催されたセミナーでの専門家の報告によると、ホーチミン市の豊富な地下水資源は、乱開発によってもたらされる様々な脅威に対して脆弱になっている。

このセミナーは、Tuoi Treとサイゴン水道公社(Sawaco)がホーチミン市で開催したもので、きれいな水の供給と地下水の利用を制限することを目的としている。

 

ホーチミン市工科大学のHa Quang Khai博士によると、地下水は生活用水の供給に大きく寄与している。

2000年、同市は1日に約30万立方メートルの地下水を搾取していたが、2012年にはその量が1日70万立方メートルに増加した。

 

この乱開発により、2015年には地下水位が低下し、各地で地盤沈下が起こった。

1年に4センチも沈下する地域もあり、深刻化する洪水の主な原因となっている。

 

同市当局は最近、地下水の利用を管理する上で一定の成果を上げている。

地下水の利用は完全に禁止されているわけではないが、制限されており、地下水資源は気候変動に適応するために活用されることが期待されている。

 

環境局の職員であるHuynh Thanh Nha氏によると、2018年、同市人民委員会は天然資源環境局に対し、地下水の採掘を減らすための計画を策定するよう指示をした。

同局は、2025年までに地下水の使用量を1日10万立方メートルまで引き下げるロードマップを策定した。

 

同市疾病管理センターのDao Phu Khanh氏によると、掘削された井戸の地下水を直接使用することは、人間の健康に危険を及ぼす可能性がある。

これまでの検査で、水サンプルの70%がpH、アンモニウム、鉄、病原性微生物の含有量の点で基準を満たさないことが判明している。

 

同氏は、未処理の水源を使用すると、下痢や腸チフスなどの急性疾患を引き起こす可能性があると地域住民に警告する。

鉄分が多すぎる水は、衣服の黄色いシミや人間の腸の病気の原因となり、pH値が高いと皮膚のかゆみの原因となる。

 

しかし、多くの家庭は何十年も井戸水を飲料水として使用しており、そうした習慣を止めることは困難である。

SawacoのTran Quang Minh代表は、水道水への切り替えを促すのに苦労してきたと語る。

 

Sawacoは、1個500万ドン(約2万8500円)の水道メーターを16万個設置したが、地元の人々はまだ水道サービスを利用しようとしない。

また、工業団地や輸出加工区、工場などでは、今も大量の地下水が利用されている。

Sawacoは、住民や企業が掘削井戸から水を汲むのを止められるように、水道水のコストを下げることを検討している。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板