人気デートアプリ「Tinder Lite」、ベトナムでサービス開始へ

社会 社会 2019年07月12日


人気デートアプリ「Tinder Lite」、ベトナムでサービス開始へ

<スマートフォンに表示されるTinderや他のアプリの様子( Shutterstock / BigTunaOnlineより)>

 

アメリカに拠点を置くMatch Groupは、ASEANの成長戦略の一環として、ベトナムでデートアプリ「Tinder Lite」のサービスを開始する予定だ。
同社のプレスリリースによると、「Tinder Lite」は従来の「Tinder」の軽量版となっており、以前よりも高速化され、容量や消費電力、ネットワークの使用量を減らすと述べた。

 

「Tinder Lite」では、データアクセスが制限されている地域での使用や、有料アプリのアクセスが向上するという。

 

「Tinder Liteは、グローバルコミュニティでのアクセスを拡大し、ユーザーが面識のない人と交流する機会を増やすことを目的としている」とTinder社最高経営責任者(CEO)のEllie Seidman氏は述べた。

 

Tinder Liteは、東南アジア全域で公開されるのに先立ち、ベトナムで今後数週間以内に公開される予定だ。

 

広報ネットワークMSLGROUPのKaye Tong氏はVnExpressの取材に対し、Apple StoreやMicrosoft Storeなど他のプラットフォームでの公開情報については後日発表する予定だと話した。

 

既存ユーザーおよび新規の18歳以上のユーザーは、Google Playストアでアプリの事前登録が可能だ。

 

ベトナムのデートアプリ市場で影響力を拡大しようとしている企業はTinderだけではない。Facebookは最近、国内で独自のデート機能を導入した。ベトナム人のFacebookユーザーは世界で7番目に多く、5800万人のユーザーがデート機能を利用する見込みだ。

 

一般統計局によると、ベトナムの1人世帯の割合は2004年の6.23%から2014年には9.1%に上昇した。今年は10.1%に上昇すると予想されている。

 

出典:VnExpress

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>