ホーチミンで寿司屋ならココがおすすめ!! 安い店から高級店まで紹介

グルメ グルメ 2018年05月06日


ホーチミンで寿司屋ならココがおすすめ!! 安い店から高級店まで紹介

「ホーチミンでお寿司が食べたい!!」と思った時、皆さんはどんなお店に行っていますか? レタントン通り周辺にはお寿司屋さんが特にたくさんありますが、どこがおいしいのか分からない方も多いのではないでしょうか? 今回は安い店から高級店までホーチミン在住のPOSTEスタッフがおすすめの寿司屋を紹介します!!

 

 

わか葉

 

ホーチミンで日本人が多く集まるレタントン(Le Thanh Ton)通りとタイバンルン(Thai Van Lung)通りの交差点近くに佇む和食料理屋「わか葉」。
和食が種類豊富に揃う料理屋ですが、ここのお寿司が美味しいと評判です。
料理人がこだわり抜いて仕入れた寿司ネタは、種類によって産地を変え、魚本来の持つ魅力を最大限に引き出した味わい。
松・竹・梅と3種類ある握りの盛り合わせは18万ドン〜、単品のお寿司も3万5000ドン〜とリーズナブル。
夜だけの営業のため、寿司だけでなく、お刺身やおつまみをお酒とともに心ゆくまでお楽しみください。

 

詳細情報

 

 

ちよだ鮨

 

日本国内で200店舗以上出店している「ちよだ鮨」のベトナム・ホーチミン店。
日本の有名ブランドだけあり、お寿司クオリティの高さと安定感はホーチミンの中でも随一です。築地市場から新鮮な魚を仕入れているのだとか。
寿司盛りは19万8000ドン(約990円)、特選寿司盛りは29万8000ドン(約1990円)です。
他にも握り寿司単品も2万5000ドン(約125円)〜とリーズナブル。
店内にはカウンター、テーブル席、個室席があるので、友人とのお食事やご家族でのお食事、ビジネスでの接待や会食など様々なシーンで利用可能です。

 

店舗情報

 

 

和創

 

新たな日本人エリア、ファンビッチャンの創作料理居酒屋「和創」でもお寿司を楽しむことができます。
「和創」の握る寿司には、熟練した料理人が自ら厳選したお魚を使用。
日本でしか手に入らない食材は日本から、海の幸に囲まれたベトナムで獲れる食材はベトナム全土から仕入れ、お寿司に使用しています。素材にこだわったお寿司は格別です。
木を基調とした暖かな雰囲気の店内には、カウンター席や個室席、宴会席がある為、お一人で、ご友人と、ビジネスシーンで、様々な用途に使うことができます。

 

詳細情報

 

 

The Sushi Bar(ザ・スシ・バー)

 

「The Sushi Bar」はベトナム在住の日本人なら誰もが知っている人気のチェーン店です。人気の理由の一つは、豊富なメニューの種類です。お寿司のネタの種類だけでなく、トンカツや味噌カツなど日本食をたくさん楽しむことができます。
 

店舗情報

 

 

すし鮮

 

「すし鮮」は高島屋の5階にあるフードコート「大江戸Alley」にあります。「すし鮮」では日本のように回転寿司を楽しむことができます。そのため、家族で食べにくるにもピッタリです。北海道から直輸入された寿司ネタを日本人の職人さんが握っているので味も本格的です。

 

店舗情報

 

 

Sushi Ko(すしコ)

 

「すしコ」は日本人にとってはかなり新鮮な、屋台スタイルで寿司を提供しているお店です。ベトナム人の店主は日本で12年間の修行を積んだ実力の持ち主です。2貫で2万5000ドン(約130円)というリーズナブルな価格で、おいしい日本の味がホーチミンで楽しめます。

店舗詳細

 

 

Sushi World (寿司世界)

 

「Sushi World」の寿司ネタは日本から直輸入した新鮮な魚を使用しているのが特徴です。お寿司がメインですが、「すき焼き」などの日本の定番料理も楽しむことができます。日本酒の種類もかなり豊富なので、思わずベトナムにいることを忘れてしまうかもしれません。

 

トンタットティエップ通り店

グエン・ティ・ミンカイ通り店

レタントン通り店

フン・カック・ホアン通り店

ホアン・ヴァン・トゥー通り店

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>