ベトナム:今年1月〜7月のコーヒー、コメ、原油の輸出量が減少

2021年07月29日(木)17時32分 公開
ベトナム:今年1月〜7月のコーヒー、コメ、原油の輸出量が減少

<写真:Unsplash>

 

7月28日に発表されたベトナム政府のデータによると、今年1月〜7月までの同国のコーヒーの輸出量は、前年同時期と比較して9.3%、コメの輸出は10.6%減少すると予想されている。

 

今年1月〜7月までのコーヒーの輸出量は前年同時期と比較して9.3%の減少が見られ、95万3000トンとなる見込み。

ロブスタ種のコーヒー豆生産量で世界1位を誇るベトナムだが、報告書によると同時期の輸出収入は1.7%減少し、12億5000万ドル(約1373億円)となるという。

また、今年7月のコーヒーの輸出量は11万トンで、総額は2億700万ドル(227億円)相当だと予測されている。

 

コメの輸出量については、前年同時期と比較して10.6%の減少が見られ、360万トンになると予測されている。

また、コメの輸出による収入は前年と比較して0.6%減少し19億ドル(約2086億円)になる見通し。

7月のコメの輸出量は計50万トンで、2億8900万ドル(約317億円)相当だ。

 

原油輸出量については、今年1月〜7月までで前年同時期と比較して41.6%減少し、160万トンになる見込みだ。

原油輸出による収入は10.9%減の8億1500万ドル(約895億円)になるという。

石油製品の輸入額は今年1月〜7月までで前年比20.5%減の570万トンになると予測された一方、輸入製品の価格は前年比15.1%増の27億ドル(約2964円)に上昇したという。
 

 

 


あなたにおすすめの記事
もっと見る

行きたいお店を見つける
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板