多くの帰国労働者は低賃金労働に従事、低スキルが原因

2022年08月10日(水)10時57分 公開
多くの帰国労働者は低賃金労働に従事、低スキルが原因

<写真:VnExpress>

 

海外での出稼ぎから帰国したベトナム人労働者の多くが、帰国後に自身のスキルや語学力の低さによって期待する様な報酬が受けられずに不満を漏らしている。

 

数年間日本で働いていたグエットさん(24)は、ベトナム帰国後にハノイ市で2年間にわたって適切な仕事を見つけることが出来ずに苦労している。

 

資格などを所持していない彼女はブルーカラーの仕事を中心に応募しているが、ほとんどの工場で不採用となった。

 

ベトナムの工場では日本の5分の1である月給600万ドン(約3万4680円)で、日本よりも早く出勤しなければならない。

 

日本では月給3000万ドン(17万3400円)から3分の2を家族に送金し、残りの3分の1で悠々自適の生活を送っていた。

 

高収入を求めて海外に出稼ぎに行ったベトナム人の多くが、帰国後に期待する報酬で仕事を再開することができずに大きな失望を味わっている。

 

労働省のデータによると、ベトナムの2大労働市場である日本と韓国では、ベトナム人労働者の月収はそれぞれ1200〜1400ドル(約16万1990〜18万8990円)、1400〜1800ドル(約18万8990〜24万2980円)である。

 

1年前に台湾から16年ぶりに帰国した労働者のティエンさん(40)は、「高収入のために、不法滞在でも海外を選ぶベトナム人が多い」と話す。

 

台湾での残業代は2日分が支給されるが、ベトナムでは飲料水1本分だけである。

 

高層ビルでエアコンの修理を行う際、ベトナムではロープがあるだけで、保険はほとんどない。

 

タインホア省出身のハイさん(37)も海外から帰国して3年間、良い仕事が見つからずに苦労している。企業が提示する最高給与は月700万ドン(約4万460円)で、遠く離れた場所で働かなければならない。

 

ハイさんによると、海外の方が仕事に安定性があって高給であるため、10人中9人がベトナムに帰りたがらないという。

 

ハノイ雇用サービスセンターのブー・クアン・タイン副所長によると、海外から戻ってきた労働者の多くは、現地企業が提示する給与が他の国の3分の1か4分の1しかないことに不満を持っている。

 

ある企業の幹部によると、帰国労働者の需要はあるが、その多くは企業が求める語学力や管理能力を持っていない。

 

北部バクニン省にある電子機器メーカーIntops Vietnamのダオ・ラン・フォン人事部長は、帰国労働者のほとんどが労働集約的な仕事の経験しかなく、語学力は基礎レベルにとどまっていることを指摘する。

 

そのため、企業は帰国労働者に低賃金の基本的な仕事しか任せることができない。

 

北部ホアビン省の自動車部品メーカーCap Globalのキム・ジン・ホー代表によると、同社は管理職の募集を行っているが、条件に合う経験とスキルを持つ帰国労働者はほとんどいない。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板