Updated 2017年12月01日

ベトナム在住外国人、強制社会保険に動揺。承認されれば、来年1月に施行予定

「保険に加入することは意味がない。私はむしろお金をキープするだろう。」

 

ベトナムに駐在しているマレーシア人のTeo Jingwei氏は、「ベトナムでは、外国人のための給料は高く、物価も安い。私はここでは、他の国にいるよりもさらに多くの賃金を節約することができる」と述べた。

しかし、Teo氏のような外国人のための魅力は、外国人が社会保険への加入を必要とする計画の発表により打ち消されるかもしれない。

ベトナムの労働省は、外国人労働者が社会保険料を支払うことを要求する新たな規則について世論を求めていると最近語った。

 

外国人のための強制社会保険に関する草案の下で、基本パッケージは病気、産休、職業病、事故、退職、死亡を対象とする予定だ。

これはベトナム人労働者のものと同様である。承認されれば、同法令は2018年1月1日から施行される。

 

Teo氏は、自国の社会保険にすでに寄与している彼のような外国人には2倍支払うのと同じであるため、この規制は非合理的だと述べた。

 

この草案によれば、従業員は、収入の8%の保険料を毎月支払うことになり、それは退職金や死亡基金になる。

雇用者は、病気と出産資金に3%、退職と死亡資金に14%、職業病と事故の資金に1%を含め、従業員の月給の18%を拠出するだろう。

社会保障給付の対象となる所得には、ベトナムの法律に従った賃金、手当および追加給付金が含まれる。

 

一方、一部の専門家は、この規制によって企業は外国人労働者にもっと浪費し、ベトナムのビジネス環境はより競争力の低いものになると懸念している。

 

他の国々では、外国人労働者が自国で同様の制度に貢献している場合、外国人労働者は現地の社会保険料をオプトアウトすることができる。

 

ベトナム在住外国人は2004年の12,600人から2017年には約84,000人に増加したと労働省は報告している。

HSBCの最近のExpat Explorerの調査によると、ベトナムの外国人の平均収入は、昨年より14.5%減少して88,096ドルになり、これは世界的水準より低い。昨年、ベトナム人は平均2,200ドル稼いだ。

e.vnexpress.net

 

LINE@
はじめました。

 

ベトナムで生活する以上、ベトナムで日々起こる出来事にも耳を傾けなければいけません。

しかし、いちいち英語を翻訳するのも面倒くさいし、数が多すぎて何が大事なニュースなのかわからない。


そんな悩みを抱えていませんか?

POSTEのLINE@ではそんなあなたのお役に立ちたいと思い

・知っておくべき3つのニュースを毎日配信
・行きたいレストランを簡単検索!
・お得なプロモーション情報随時配信!

など、ベトナムで生活する上で必要な情報が盛り沢山。


あなたの知りたいがここにあります。

LINE@を登録する