ベトナムのチップ相場はいくら?? マッサージやスパなど必要な場合を紹介

生活基本 生活基本 2018年06月15日


ベトナムのチップ相場はいくら?? マッサージやスパなど必要な場合を紹介

ベトナムでレストランやマッサージを利用した際、チップが必要か悩んだことはありませんか? ベトナムのチップの有無はレストランやマッサージ店により異なります。また、長距離送迎時のドライバーやツアーガイドへのチップの習慣も異なるので、少し複雑です。そのため、あらかじめベトナムのチップについて知っておけばお会計時に迷わず、安心してサービスを受けることができます。今回はそんな複雑なベトナムのチップについて紹介します。

 

 

ベトナムのチップ事情

 

 

ベトナムでは基本的に一部のレストランやマッサージ店、スパ以外ではチップを渡す習慣はありません。しかし、チップが必要ないお店でも、観光客や外国人に対してだけチップを求めてくる店員もいます。知らずのうちにチップが必要ないお店でチップを渡してしまうことがないよう、あらかじめベトナムのチップ事情について知識を深めておくことが大切です。

 

 

チップの相場

 

ベトナムでは高級なレストランやマッサージ店などでは、チップが必要な場合もあります。チップの相場は業種やお店によってもさまざまです。

 

エステやマッサージ

 

マッサージ店やスパなどでは、チップが必要な場合とそうでない場合があります。チップの必要な場合は、マッサージのメニュー表にチップの値段が書かれていたり、マッサージを受け終わった後にチップの値段表を渡されたりします。チップの一般的な相場は、5万ドン(約250円)〜10万ドン(約500円)です。マッサージ店の中には、施術を受ける前に、自分が選んだメニューの中にチップが含まれているか事前に確認してみましょう。

 

レストラン

 

ベトナムの一般的な飲食店ではチップは不要です。しかし、高級なレストランやバーではチップが必要な場合があります。チップの相場は1万ドン(約50円)〜5万ドン(約250円)です。また、高級なバーでは5万ドン(約250円)〜10万ドン(約500円)です。高級な飲食店でなくても、外国人だからといってチップを要求してくる店員もいます。チップはあくまでサービスに満足した際に支払うものです。店員にチップを強引に要求された場合、きちんと断るようにしましょう。ベトナムではチップとは別に、付加価値税のVATやサービス料金として10%が必要な場合もあります。これは、バーや高級レストランなどのお店によくあります。

 

ホテル

 

基本的にベトナムのホテルやモーテルではチップを渡す文化はありません。しかし、利用者の中にはホテルの清掃員やベルボーイ、ホテルに併設されたレストランやマッサージ店のスタッフにチップを渡す人もいます。チップの相場はいずれも2万ドン(約100円)程度が相場です。

 

タクシー

ベトナムの一般的タクシー、VINASUNタクシーやMAI LINHタクシーを利用した場合、基本的にチップは必要ありません。しかし、1日チャーターした場合やタクシーの長距離移動の場合にはドライバーに約5万ドン(約250円)〜約10万ドン(約500円)を渡す人はいます。もしくは、タクシー代金の1000ドン単位のお釣りをそのままチップとして渡すことも多くあります。

 

ツアーガイド

ベトナム観光ツアーなどに参加した際、ツアーガイドに対してチップが必要かどうか悩んだことがある方もいるかもしれません。基本的にツアーガイドに対してチップは一切必要ありません。ツアーガイドに対してのチップは、ツアー料金に含まれているので個人的にチップを渡す必要はありません。

 

 

まとめ

 

チップの文化がない日本人にとって、海外のチップの文化に不安を感じるかもしれません。ベトナムでは基本的にチップを渡す必要はないですが、チップを渡す場合はあまり多く渡し過ぎてしまわないよう注意をしましょう。ベトナムのチップはお店によって異なるのでその場に合わせてチップを渡すか、渡さないか考えましょう。

 

※この記事に記載されている情報は2018年 6月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>