ホーチミンでチェーを食べたい時は「Thi Thi Che」

ホーチミンでチェーを食べたい時は「Thi Thi Che」

ベトナムに住んでいるとたまに食べたくなる「チェー(Che)」。

しかしチェーのお店、更にはチェーの種類は沢山あるので何を選べば良いのか分からないという方もいると思います。

今回は是非食べてみて欲しい、美味しいチェーが食べられるお店をご紹介します!

1999年創業、32年間続くチェーの名店「Thi Thi Che」

1区から4区へ橋を渡ってすぐのエリアは美味しいローカルフードがよく紹介されていたり、格安家電量販店で有名な「Cho Lon」があるので行ったことがあるという方も多いかもしれません。

しかし今回ご紹介する場所は4区のちょうど真ん中辺り、高層マンションを抜けて一気にローカル感が増すエリアにあります。

お店の様子

バイクで走っていてもチェーのお店とすぐに分かるほど店頭にはぎっしりとスイーツが並べられています。氷がかけられているゼリーやドリンクを見ていると涼しい気分になりますね♪

 

エアコンは効いていませんが、広々とした店内には机と椅子もあり、ゆっくりとチェーを楽しむことができます。

チェーを待っている間に冷たいお茶(Tra da)も提供してくれました。

種類豊富なメニュー

こちらは果物や蓮の実(Hat Sen)入りのチェーコーナーです。

英語のメニューはないようですが写真があるのでイメージしやすいです。

どれも1万7000ドン(約80円)〜2万7000ドン(約130円)とローカル価格です。

 

こちらはヨーグルトやドリアン(Sau Rieng)入りのチェーコーナーです。

上記で紹介したページ以外にもまだまだ沢山の種類がありました!

3種類を実際にオーダー

1つ目は「Che Thai 」というドリアンチェー。

果肉はたっぷり入っているもののミルクで中和されて食べやすい一品です。

 

2つ目は写真手前の「Thach thap cam」という寒天、蓮の実、緑豆のペースト状、ロンガン(竜眼)のチェー。

ドリアンチェー に比べるとさっぱりしていて食べやすいです。

3つ目は右後ろの「Che dau thap cam」という豆全部載せチェー。

沢山の種類の豆とデザートの組み合わせはあまり得意ではなく躊躇ったのですが、このお店に連れてきてくれたベトナム人スタッフ一押しだったので注文してみたところ日本人の味覚にとても合い、大当たり...! な美味しさでした。

熟す前の緑色のもち米も入っていて、もちもち食感も楽しめます。

Grab Food でも注文可能!

4区までは中々行く機会がないという方は各種デリバリーサイトから注文できます。

しかし一押しの「Che dau thap cam」はGrab Foodでは金額も安く緑色のもち米が入っていない等、お店で出している内容とは違うようです。

お店の近くには中心地では見かけないようなローカルフードも沢山目にしたので、ご飯と合わせて実際にお店に行くのがおすすめです!

まとめ

今回は種類豊富なチェーが食べられる「Thi Thi Che」をご紹介しました。

平日は会社のスタッフと、休日は家族や友達とデリバリーでオーダーするのも良いですね♪

ホーチミンにはお洒落で美味しいケーキが沢山売っていますが、たまにはベトナムスイーツを食べるのはいかがですか?

「Thi Thi Che」 詳細情報

※この記事に記載されている情報は2021年5月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。


おすすめのプロモーション

行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板