ホーチミンのおすすめスパ43選|安いスパから高級スパまで一挙紹介

ホーチミンのおすすめスパ43選|安いスパから高級スパまで一挙紹介

ホーチミンにはスパが多くあり、日本より安い価格でスパを楽しむことができると日本人から人気を集めています。

ただ、街を歩いているだけでもスパが目に入るほど多くあるため、いざスパに行こうとしても、どのスパがおすすめなのか迷ってしまいますよね!

そこで、今回は口コミサイトでランキング上位の人気スパから、高級ホテルのジャグジー付きスパ、カップルや友人と個室で利用できるスパ、子連れでも利用できるスパや男性に人気のスパ、シャワーを利用できるスパまで、ホーチミンのおすすめのスパをまとめて紹介します。

スパとマッサージの違いって?

マッサージとは、指先などの末梢部から心臓に向かって施術を行い、リンパや血液の流れをよくする効果があり、疲労回復や健康増進が期待できます。

それに対してスパは、様々なサービスを通じて心身の回復、安らぎを与えることを目的としており、美容や健康のためだけでなく、自分自身が持つ本来の力を回復させる効果があります。

ホーチミンのスパの料金は?

ホーチミンのスパには、プールやジャグジー付きの高級スパ、2時間前後のメニューが中心の街スパ、格安なローカルマッサージがあります。

高級スパでは2時間〜半日のコースもあるため、街スパやローカルマッサージと比較して長い時間ゆっくりと過ごすことができます。

スパの相場(60分コースの場合)

  • 高級スパ:80万ドン〜130万ドン(約4000〜6500円)
  • 街スパ:60万ドン〜90万ドン(約3000〜4500円)
  • ローカルマッサージ店:30万ドン〜45万ドン(約1500〜2300円)

チップについて

基本的にチップは料金に含まれているため、支払う必要はありません。

しかし、ローカルマッサージ店はチップが料金に含まれていないことがあるため、チップの記載された紙を渡された場合は支払う必要があります。

もちろん、サービスにとても満足した場合は払ってもOKです! その場合は5万ドン〜7万ドン(約250〜350円)、高級スパなら10万ドン(約500円)が相場です。

服装

高級スパでは、下着が汚れないよう着替えと紙パンツが用意されています。服を着替える際に紙パンツなどの用意がなければ人それぞれで大丈夫です。

注意点

事前に予約をする

スパは基本的に予約が必要です。特に、人気のスパは旅行シーズンになると予約で埋まってしまうなんてこともあるので、予約が確実◎

また、ローカルマッサージは予約なしで当日来店することもできます。

貴重品の管理

スパには貴重品が管理できるロッカーが設置されていることがほとんど。貴重品はロッカーに入れてしっかり鍵を閉めましょう。

不安な場合は枕元に置いておくことをおすすめします。

また、大金を持ち歩くのは危険なのでその日使う分だけ持ち歩くのがいいでしょう。

安すぎるお店は避ける

ホーチミンのスパは、クオリティが高いのに安い値段で利用できるのが魅力の1つ。

しかし、価格の安すぎるお店は衛生状況がよくなかったり、技術面でも不安のあるお店が多かったりするので避けたほうが無難と言えます。

1区

AUBE HAIR & SPA international

ホーチミン,ヘッドスパ,AUBE,オーブ,おすすめ,男性,安い

ホーチミン1区のベンタン市場近くにある「AUBE HAIR & SPA international」。

店名にもスパと入っている通り、この美容室のおすすめはヘッドスパ。

サロン内3階のヘッドスパ専用フロアには、個室を完備しています。

さらにヘッドスパを担当するのは、ヘッドスパを施術する専門的な技術者であるスパニスト。

ツボをしっかり刺激してくれるヘッドスパで、思わず寝落ちしてしまうような気持ちよさです。

お好きなアロマオイルでリラックスしながら腕、足のマッサージも可能なため、リラックスした癒しの時間を過ごすことができます。

 

 

 

AUBE HAIR 詳細情報

アンズスパ(An’s Spa)

「アンズ スパ(An’s Spa)」はホーチミン1区の大通りから1歩入った路地裏にあるスパです。「アンズ スパ」の大人気メニューはヘッドスパ!

気功や指圧、東洋医学に携わってきた専門家が開発したこだわりのヘッドスパです。

ストレスや頭痛の軽減や肩・首周りのほぐし効果があるため、「パソコン作業ばかりで肩や首に疲れが溜まっている」という方に人気があります! 普段仕事で疲れている男性の利用も多いようです。

元々日本で働いていたオーナーが経営しているため、サービス・清潔さは日本クオリティです。

 

▶︎予約はコチラ

 

アンズ スパ 詳細情報

ユリスパ(Yuri spa)

「ユリスパ」 はホーチミンの雑貨通りと言われるドンコイ(Dong Khoi)通り近くに位置するスパです。日本の観光雑誌や観光サイトでも良く紹介され、ホーチミンのスパの中でも人気ランキングが高いスパです。

スパのメニューはアロママッサージやホットストーンマッサージ、指圧マッサージ、タイ式マッサージなど豊富。

アロママッサージは69万ドン(約3450円)〜。その他のマッサージも80万ドン(約4000円)程度とリーズナブル。

 

マッサージルームは男女別のため安心。また、VIPルーム(個室)もあるためカップルでの利用にもおすすめです。

「ユリスパ」では無料送迎サービスも行なっており、宿泊先のホテルやご自宅まで送迎してくれるのでラクラクです。

予約や受付も日本語対応のため、英語やベトナム語が苦手な方でも安心してスパを楽しむことができます。

 

▶︎予約はコチラ

 

ユリスパ 詳細情報

東屋マッサージ

「東屋マッサージ」は日本人に人気のビジネスホテル「東屋ホテル」併設のマッサージ。

ベトナム在住日本人に「本当に気持ちのいいマッサージはどこ?」を聞くと必ずと言っていいほど「東屋マッサージ」の名前が挙がります。その評判の良さからリピート率は90%以上。

 

メニューは全身マッサージとフットマッサージの2種類から選ぶことができ、40分フットマッサージが20万ドン(約1000円)〜、70分全身マッサージが25万ドン(約1250円)〜で用意されています。

受付や予約を日本語で行えるところも「東屋マッサージ」のおすすめポイントです。

 

▶予約はコチラ

 

東屋マッサージ 詳細情報

リタ ベトナミーズ シャンプー&ヘッドスパ

レタントン通りの日系美容室「リタ(RITA)」では、ベトナム式シャンプーやヘッドスパを受けることができます。

シャンプーやヘッドスパは気軽にできるため、観光で時間が余った時や深夜便の前に立ち寄るなんてこともできちゃいます。

ベトナム式のシャンプーは水で頭を洗うため、暑いホーチミンで利用すればスッキリすること間違いなし!

もちろん、マッサージが痛くないか、水が冷たくないかも確認してもらえるので安心です◎

 

RITA 詳細情報

アインズ(Ainz)

「アインズ」 は東屋ホテル2階で鍼灸師が営む本格的な治療院です。

普段のデスクワークの多さから発症する腰痛や、スポーツでのケガなど、身体の不調を根本から解決する治療を受けることができます。

カウンセリングから始まり、身体の状態を確認した上で、その人にあった完全カスタマイズの治療を行います。治療の後には日常生活での注意点やトレーニング方法、セルフケアの方法の指導もあるため、身体の不調の根本改善から再発防止までトータルケアしてくれます。

 

「アインズ」 は鍼灸師1人で営む小さな治療院のため完全予約制です。

ネットで簡単に予約することができ、診察料は100万ドン(約5000円)からです。日本では数万円する治療が5000円程度とリーズナブルです。

ベトナム在住者や出張で定期的にベトナムにくる日本人が多く利用しています。

 

▶︎予約はコチラ

 

アインズ 詳細情報

【閉店】エミスパ(Emi spa)

ホーチミン中心地、ドンコイ通りの路地裏に佇む、隠れ家的なスパ「エミスパ」。日本語で「笑み」を意味する店名には「スパを受けて笑顔になってほしい」という想いが込められているのだとか。

路地裏に佇む「エミスパ」の館内に入ると、ホーチミンの喧騒を忘れてしまうような落ち着いた空間が広がります。リゾートスパのような雰囲気です。

 

「エミスパ」の人気メニューは「スウェーデン式マッサージ」。筋肉をしっかりとみほぐすマッサージで、血流が促進され、体温と自己治癒力が高まる効果があります。

スウェーデン式マッサージは60分で92万ドン(約4600円)と、日本に比べるとかなり安い料金です。

スパの後、シャワーの利用もできるため、日本へ帰国前に「エミスパ」でスパを受けて空港に向かう観光客も多いようです。また、カップルや友人と利用できる個室があるのも魅力の1つです。

 

エミスパ 詳細情報

インターコンチネンタルスパ(Intercontinental SPA )

街スパではなく、ホテルのラグジュアリースパを体験したいという方におすすめなのが「インターコンチネンタルスパ」。

名前からもわかる通り、あの有名な5つ星ホテル「インターコンチネンタルホテル」内のスパです。

 

アジアと西洋の文化が融合した館内には非日常のくつろぎ空間が広がります。

スパルームは全室シャワーと更衣室付きで、完全プライベートの空間で癒しの時間を過ごすことができます。

スパで使用するハーブには天然素材のものが使用されている為、お肌にも優しいんだとか。

 

スパはパッケージコースが中心で、料金は200万ドン(約1万円)前後です。

ホーチミンでは高い方ですが、5つ星ホテルのスパと考えると日本に比べるとかなり安いです。

スパ利用者はプールの利用もできるため、スパのあとは贅沢にプールサイドでゆったりなんていうのもいいですね。6歳未満のお子様は利用できないため、子連れの方は注意が必要です。

 

インターコンチネンタルスパ 詳細情報

カラスパ(Kara Spa)

「カラスパ(Kara Spa)」はサイゴンオペラハウスの側にある「カラベルホテル(Caravelle Hotel)」にあるスパです。7階にあるため、スパからはホーチミンの中心が見渡すことができます。

ホテルの宿泊者には割引があるのも嬉しいポイント。

中には1人または2人で使用できるシャワーとジャグジー付きのVIPルームもあるので非日常の空間で癒されたいという方にピッタリ。1日前までの事前予約が必要なので注意が必要です。

Kara Spa 詳細情報

アクアデイ スパ(Aqua Day Spa)

「Aqua Day Spa」は、 ドンコイ通りのシェラトンホテル内にあるラグジュアリーホテルスパです。有料ですが、タンソンニャット空港から送迎も行なっています。

マッサージやボディスクラブ、フェイシャルケアだけではなく、スチームサウナやセラピーバスも利用することができます。

「Aqua Day Spa」ではシングルまたはダブルベッドのプライベートルーム、プライベートジャグジー付きのVIPルームから選ぶことができます。プライベート空間でゆっくりとスパを楽しみたい方におすすめのスパです。

 

Aqua Day Spa 詳細情報

タン・サンクチュアリ・スパ(Thann Sanctuary Spa)

「タン・サンクチュアリ・スパ」は、タイ発祥のコスメブランドの「タン(Thann)」がプロデュースしているスパです。

ホーチミンでは、プルマン サイゴンセンター(pullman Saigon Centre)内にあり、宿泊しなくても利用することができます。

日本でも同スパがあるものの、ホーチミンでは日本の約半額で利用することができるんです!

施術に使用するオイルやスクラブを始め、シャワールームのアメニティまで「Thann」ブランドで揃えられており、いい香りに包まれて贅沢なひと時を過ごせること間違いなし!

 

Thann Sanctuary Spa 詳細情報

セン スパ(SEN SPA)

「セン スパ」はレタントン通りに佇む日本人にも人気のスパ。アジア最高峰のスパを街スパ価格で楽しむことができます。

パッケージコースも90分から6時間のものまで種類豊富。そのほか、ボディマッサージやフットマッサージ、ホットストーンなど、どれをとっても技術が高いと評判です。

中にはジャグジーとスパを楽しむことのできるコースもあります。

 

館内には男女別のスパルームやVIPルーム(個室)、フェイシャルルーム、フットマッサージルームがあります。

また、シャワーも完備されているため、マッサージ後のベタつきなども心配ありません。

日本人スタッフが常駐しているため、言語面・サービス面も安心です。

 

セン スパ 詳細情報

【次のページ】
アーユルヴェーダのあるスパも


おすすめのプロモーション

行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板