ベトナムで商売をすると儲かる!? バインミーやシントー屋を聞き込み調査

ベトナムで商売をすると儲かる!? バインミーやシントー屋を聞き込み調査

道端でクッキーやマンゴーを売っているおばさん

 

道を歩いていてちょうど目の前に現れた行商のおばあちゃんに話を聞いてみました。マンゴーやクッキーなどの焼き菓子を売っており、1つ約2万ドン(約100円)で販売しているそうです。お客さんは大人に比べると子供が多いようで、特に男の子がよく買いに来てくれるそうです。

 

<推定売上>

このお店では1商品約2万ドン(約100円)。そして1日に約20人が買いに来てくれるそうなので単純計算で日あたりの売上は40万ドン(約2000円)になります。日によって販売時間は異なりますが、1ヶ月毎日営業していると推定売上額は以下のようになります。

 

1ヶ月の推定売上=日あたりの売上×営業日数=40万ドン(約2000円)×30日=1200万ドン(約6万円)

 

 

ライスペーパーのお菓子を売っているおばさん

 

ライスペーパーといえば、ベトナム料理の生春巻きを浮かべる人が多いのではないでしょうか? しかし、道端で売っているライスペーパーは生春巻きではなく、お煎餅のように焼いてお菓子のようにして食べるんです。こちらのお店では1個2万5000ドン(約125円)で売られているそうで、日によって異なりますが、大体30個売れるのだそう。

 

<推定売上>

このお店では1つ2万5000ドン(約125円)で売られており、1日約30個売れるそうなので単純計算で日あたりの売上は75万ドン(約3750円)になります。1ヶ月毎日営業しているそうなので1ヶ月の推定売上額は以下のようになります。

1ヶ月の推定売上=日あたりの売上×営業日数=75万ドン(約3750円)×30日=2250万ドン(約11万2500円)

 

 

ローカルなフーティウ屋さん

 

フーティウを親子で営んでいるお店を見つけました。このお店はスープの入った鍋、麺と具材が入ったボウル、椅子とテーブルだけで営業をしている何とも簡易的なお店でした。お昼が一番忙しく、1杯2万5000ドン(約125円)のフーティウが1日40杯売れているそうです。

 

<推定売上>

このお店ではフーティウが1日40杯売れているそうなので、単純計算で日あたりの売上は100万ドン(約5000円)です。1ヶ月間毎日営業していると1ヶ月の推定売上額は以下のようになります。

 

1ヶ月の推定売上=日あたりの売上×営業日数=100万ドン(約5000円)×30日=3000万ドン(約15万円)

 

 

カットしたマンゴーを売っているおばちゃん

POSTEスタッフが良く買いに行くプラスチックの箱に入ったカットマンゴーを売っているおばさん。1パック2万ドン(約100円)で売られています。1日に約30パック売れているそうです。雨の日は全く売れないので販売数は日によって異なるとのことです。

 

<推定売上>

このお店ではマンゴー1パック2万ドンで、1日約30パック売れているそうなので単純計算で日あたりの売上は60万ドン(約3000円)になります。1ヶ月毎日営業をしていると推定売上額は以下のようになります。

 

1ヶ月の推定売上=日あたりの売上×営業日数=60万ドン(約3000円)×30日=1800万ドン(約9万円)

 

 

大学の校門の隣で売っている春雨屋さん

 

学校の校門でいつも売っている春雨屋さんです。大きな銀のおぼんに春雨や春巻きが乗っていて、注文すると白いプラスチックに詰めてくれます。お昼12時にはよく売り切れていることがあるほど学生の昼食として人気です。インタビューしたこの日もすでに売り切れていました。1パック1万2000ドン(約60円)で、1日に約20〜40パック売れるそうです。

 

<推定売上>

このお店では春雨1パック1万2000ドン(約60円)で、1日20〜40パック売れているそうなので単純計算で日あたりの売上は最低で24万ドン(約1200円)になります。1ヶ月毎日営業をしていると推定売上額は以下のようになります。

1ヶ月の推定売上=日あたりの売上×営業日数=24万ドン(約1200円)✖️30日=720万ドン(約3万6000円)

 

 

平均売上額はいくらでしょうか⁇

 

1ヶ月の平均の推定売上額

各お店の1ヶ月の売上を総計すると8970万(約44万8500円)。5件のお店がインタビューに参加してくれたので、道で商売をしている人たちの1ヶ月の平均売上額は以下のようになります。

 

シントー屋さんの1ヶ月の平均売上額=①〜⑤のお店の1ヶ月の平均売上額の総計÷5=8970万(約44万8500円)➗5=1794万ドン(約8万9700円)

 

1年の平均売上額

道で商売をしている人の1ヶ月の平均売上額が1794万ドン(約8万9700円)。これを1年間営業すると年間推定売上額は以下のようになります。

 

道で商売をしている人の年間平均売上額=1ヶ月の平均売上×1年間、12ヶ月=1794万ドン(8万9700円)✖️12= 2億1528万ドン(約107万6400円)

 

道で商売をしている人の推定売上額は1ヶ月約9万円、1年で107万円でした。料理の材料費などを引いてもだいたいベトナムの会社員の最低賃金と同じくらいの収入を得ることができるようです。

 

 

まとめ

 

ベトナムのローカル店で一番売上額が高いのは年間107万を売り上げている道で商売をしている人たちでした。聞いたお店や土地によってものの値段や売上個数が偏り、売上額もそれぞれ違うので、計算した数字が正しいとは限りません。しかし、ベトナムには日本ではありえないような場所で食べ物を売っていたり、自転車で音楽をかけながら商売をしていたりと本当に自由な国です。ベトナムに住むと何気なく買うバインミーやシントー。たまにはちょっと違った視点でお店を見てみるのも面白いですね。

 

※この記事に記載されている情報は2018年9月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事


おすすめのプロモーション

行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板