ベトナムの賃貸アパートについて

ベトナムの賃貸アパートについて

外国人がベトナムにて住まいを探す場合、サービスアパートとコンドミニアムの大きく分けて二つのタイプのアパートを賃貸することになります。今回はサービスアパートとコンドミニアムのそれぞれのメリット、デメリットをハノイの不動産会社であるトンキン不動産が解説します。

 

※情報提供:トンキン不動産

 

 

サービスアパート

サーボスアパートは一棟を法人や個人が運営しており、外国人向けにアパートを提供している物件です。生活に必要な最低限の家具は全て事前に揃っており、掃除や洗濯まで行ってくれます。また家具や設備に不具合等が起こった場合も基本的にはオーナーさんが修繕や問題対応を行い、その費用もオーナーさんが負担することが一般的です。


高級なサービスアパートであれば、英語は勿論、日本語で対応してくれるスタッフさんが常駐していることもあり、朝食やルームサービスを利用できる、ホテルライクな物件もあります。

 

≪メリット≫

  • オーナーが外国人に対して対応が慣れているため、様々な問題に対する対応にも理解してくれる
  • ベトナムの生活に不慣れな人でも煩わしさを軽減できる
  • セキュリティ対策がきちんと行われている

 

≪デメリット≫

  • 賃料が高い

 

 

コンドミニアム


一部屋を所有する個人のオーナーさんから賃貸するタイプのアパート。
サービスアパートのような生活に関するサービスは行なっていませんが、賃料は比較的安く、広いお部屋を借りることができることが特徴的です。


日本で賃貸する一般的なアパート・マンションと同様で基本的にはすべて自分で対応しなければならず、(例:光熱費の支払い、電球などの消耗品の交換、害虫駆除等)ベトナムの生活にもある程度慣れた方向きといえるでしょう。


またアパートの所有者が個人のオーナーさんということもあり、オーナーさんの性格により対応が変わるため場合によってはストレスがたまることもしばしばです。
日本人が賃貸する場合は一定期間のみの駐在生活なので、家具付きのアパートで不動産仲介会社がアフタサポートを行ってくれる物件を紹介してもらうのがよいでしょう。

 

≪メリット≫

  • 賃料が安く広い部屋を賃貸することが可能

 

≪デメリット≫

  • オーナーさんによって対応の違いがあり、トラブルとなることも
  • 家具のデザインもオーナーさんの趣向によって様々
  • セキュリティがきちんと行われていない(誰でも出入り可能)

 

サービスアパート、コンドミニアムともにお部屋を紹介してくれる不動産仲介会社選びが大切です。特にコンドミニアムの場合は不動産仲介会社にアフターサポートを行ってもらうことが多いため、信頼できる会社を選ぶことが重要になります。

 

※この記事に記載されている情報は2018年12月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

 

関連記事


行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板
Choose Classified categories