ベトナムのオンライン販売、プロモーションインフレの傾向

2024年07月08日(月)07時00分 公開
ベトナムのオンライン販売、プロモーションインフレの傾向

<写真:tuoitre.vn>

 

ベトナムではプロモーションインフレーションの傾向がオンライン販売チャネルに見られるが、このチャネルは小売市場の約5%しか占めていない。

 

この現象によって多くのプロモーションが購買意欲を刺激する価値を失っている。

 

電子商取引と流通システムのデジタル変革の専門家であるファム・ホン・ソン氏は、ホーチミン市で開催された「市場に向けたデジタル変革の道筋」をテーマにしたLBCランチョンで、このような見解を示した。

 

企業のデータによれば、伝統的な市場や雑貨店における販売チャネルは消費財の70%を占め、成長率は4〜5%である。

 

次に、現代的な販売チャネルであるスーパーマーケットやコンビニエンスストアが20%の売上を占め、成長率は10%である。

 

最後に、オンライン販売チャネルはわずか5%程度であるが、成長率は35~45%と高く、小売市場を活気づけている。

 

ソン氏によると、市場における逆説は、伝統的な販売チャネルの販売コストが最も低く抑えられている一方で、現代的およびオンラインの販売チャネルは、「爆安」プロモーションやKOL、KOCへの巨額投資によって最大のコストを受けていることである。

 

この専門家によると、実際には大量のプロモーション資金が投入されているが、消費者の需要は増加していない。

 

売れない商品に資金を投入することや「数字を追いかける」考え方が市場を歪めているという。

 

ソン氏は「スーパーマーケットやオンラインの販売チャネルでのプロモーションが過剰になりすぎると、商品が『外に流れる』ことが多くなり、不正利用の兆候が現れる。そうなると企業は自ら『右手が左手を叩く』状況に陥る」と述べている。

 

「プロモーションインフレーション」とは、企業が販売コストやプロモーション費用をかけて顧客を引き付けるが、商品が売れず、購買意欲を刺激する価値を失う現象である。ソン氏は現在の市場において、この現象が見られると指摘する。

 

専門家たちは、伝統的な販売チャネルが引き続き主要な役割を担い、今後20年間は成長を続けると予想している。

 

これは消費者の習慣によるものである。一方、マルチチャネル販売は避けられないトレンドであるが、各チャネルの役割を理解し、その強みを活かす必要がある。

 

ソン氏は、企業が異なるチャネルに対して異なる販売価格を設定することを考えるべきであると提案している。

 

これは購入動機が異なるためであり、オンラインチャネルの強みを活かして売上を増やし、コストを削減するための解決策となる。

 

多くの企業がオンラインチャネルを利用して成長戦略を実行しており、高品質の商品はオンラインでのみ販売し、他のチャネルでは一般的な商品を販売している。

 

デジタル変革の最終目的は「売上の増加とコストの削減」であり、物流コストの削減とプロモーションプログラムの最適化が含まれる。

 

ソン氏は「我々は依然として、70%の市場シェアを占める伝統的なチャネル、すなわち雑貨店や市場にもっとコストを投入すべきであると考えている。タイの経験では、この方法で需要を喚起し、成功を収めている」と述べている。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2024 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板