シアン化合物による殺人、多くの犯人は女性

2024年07月12日(金)07時00分 公開
シアン化合物による殺人、多くの犯人は女性

<写真:tuoitre.vn>

 

2022年1月にバリア=ブンタウ省で、娘がホーチミン市のキムビエン市場でシアン化合物を購入し、父親を毒殺した後、遺体を隠して家を焼き払うという衝撃的な殺人事件が発生した。

 

最近のドンナイ省での事件も恐ろしい警鐘を鳴らしている。

 

2022年12月にバリア=ブンタウ省人民法院は、トン・ティ・トゥン・リン被告(23)に対して、殺人の罪で終身刑、毒物の違法取引の罪で3年の懲役、資産破壊の罪で3年の懲役を言い渡した。

 

また、リン被告に毒物を販売したチャン・ティ・ゴック・トゥー被告にも毒物の違法取引の罪で2年の懲役が言い渡された。

 

この衝撃的な事件から2年以上が経過した現在でも、キムビエン市場での化学物質の取引は管理が難しい状況にある。

 

同市場での活動は過去数年とあまり変わらず、化学物質を取り扱う店舗の移転も未着手の状態であるという。

 

同市場では家庭用品、化粧品、化学物質など様々な商品が取り扱われているが、化学物質を扱う店舗は少ない。

 

化学物質の取引は特定の条件を満たす必要があり、一般的なビジネス法に加えて、安全基準や倉庫の要件なども遵守しなければならない。

 

政府は他の機関と協力して法令遵守の啓発、書類の確認、化学物質取引の条件の確認などを定期的に行っているが、依然として困難があるという。

 

多くの小売業者は市場内で店舗を構えているが、実際の取引や商品の配送は市場外、場合によっては他区やオンラインチャネルで行われることが多いため、管理が難しい。

 

化学物質取引の管理をより効果的に行うためには、各機関の定期的な協力、特に市場管理部門の役割が重要である。

 

また、現状の難しさは工業用化学物質と食品添加物の混同にもあるという。監視が緩く、政府の規定がすべてを網羅していないため、取引や使用が容易になり、工業用化学物質が食品に転用されることがある。

 

条件付きの取引業種であるため、より厳格な検査と厳しい制裁が必要であり、化学物質を購入する際には紹介状が必要で、使用目的についての誓約が求められ、いかなる形でも再包装は禁止されなければならない。

 

ベトナムでは最近、シアン化合物を使った殺人事件が5件発生しており、そのすべての犯人が女性である。

 

リン被告による父親殺害事件の前に、タイビン省ではシアン化合物を使った別の殺人事件が発生し、社会に大きな衝撃を与えた。

 

2019年、ライ・ティ・キエウ・チャン被告は不倫関係にあった義兄と別れることに同意せず、嫉妬心から義兄の妻を殺害する計画を立てた。

 

チャン被告はシアン化合物をオンラインで購入し、2019年12月2日にシアン化合物を注入したタピオカミルクティー4杯を病院に送った。

 

しかし、義兄の妻が不在であったため、同僚がタピオカミルクティーを受け取った。翌朝、同僚のN.T.H.さんが冷蔵庫にあったタピオカミルクティーを摂取して死亡した。

 

2020年7月、裁判所はチャン被告に殺人罪で死刑を言い渡した。

 

直接の取引に加えて、現在ではオンラインコミュニティでの化学物質の取引も活発に行われており、ほぼ監視が行われていない状態である。

 

2万2000人以上のメンバーを持つFacebookのファンページや4万9000人以上のメンバーを持つグループでは、添加物や化学物質に関する情報交換や販売の投稿が頻繁に見られる。

 

あるアカウントは「ベルギー製のCarfosel 994-STPP(トリポリリン酸ナトリウム)20kg入りバッグ、食品の弾力を高める添加物、水分保持と重量増加に役立ち、水産物や食品の加工に使用される」と販売している。

 

規定によれば、多くの添加物は食品加工に使用できるが、規定の用量と使用方法を守る必要がある。

 

しかし、現在のように容易な購入が可能で、警告や注意喚起がほぼない状況では、取引の監視が緩やかであり、特にオンラインチャネルでは規定通りの取引が行われていない。

 

シアン化合物は毒物であり、多くの死者を出しているが、販売者は顧客が購入目的を問わず、警告を一切行わない態度で取引を行っている。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2024 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板