ホイアン行ったら三大グルメ食べなきゃ損!! おすすめ店も紹介

ホイアン行ったら三大グルメ食べなきゃ損!! おすすめ店も紹介

ホイアンへ旅行に行った際は、「カオラウ(Cao Lau)」「ホワイトローズ(White rose)」「ボンホンチャン(Bong Hong Trang)」のホイアン三大グルメを食べることをおすすめします。

ホイアンにあるレストランやカフェでそれぞれ5万ドン(約250円)前後で楽しむことができるのも嬉しいポイントです。

ホイアンは16世紀~17世紀にかけて貿易が盛んであったため、さまざまな国からの影響を受け、独自の食文化が生まれました。

実はホイアンの三大グルメの一つである「カオラウ」は日本の伊勢うどんに影響されているとも言われているんです。

今回はホイアン三大グルメの歴史や魅力、ブログでも話題の人気レストランなどをまとめて紹介します!!

 

 

ホイアンの三大グルメ

 

ホイアンでは「カオラウ(Cao Lau)」「ホワイトローズ(White rose)」「ボンホンチャン(Bong Hong Trang)」がホイアン三大グルメとして人気があります。ホーチミンやハノイなど、ベトナムの他の都市ではほとんど食べることができないため、ホイアンを訪れた際はぜひ食べてみてください!

 

カオラウ(Cao Lau)

カオラウは汁なしのまぜそばのような料理で、麺は日本のうどんとほとんど同じです。

実はカオラウは日本の文化を大きく受けているといわれており、17世紀前半に朱印船貿易を行うための船に乗船していた商人がホイアンを訪れた際に伝えた伊勢うどんがルーツとされています。

そのため、ベトナムの麺料理では米麺が使用されることがほとんどですが、カオラウはベトナムではめ珍しい小麦を使った麺を使用しています。

カオラウの味付けは中華料理の影響を受けた上、ベトナム人好みの独特なスパイスが使用されており、甘辛い味付けがされています。

 

ホワイトローズ(White rose)

ホワイトローズはエビのすり身や野菜などを皮で包んだ蒸し餃子です。

米粉を使用した皮が白い花びらのように見えるため、ホワイトローズと名付けられました。

ホワイトローズはベトナムの魚醤であるヌクマムにつけて食べられています。

まわりの皮はもちもち、中の具はエビの味がしっかりしていて日本人にも大人気です。

 

揚げワンタン(Bong Hong Trang:ボンホンチャン)

揚げワンタンは油で揚げたワンタンに、野菜がたっぷりと使われたトマトソースがかけられている料理です。

ベトナム語では「Bong Hong Trang:ボンホンチャン」と呼ばれています。

ワンタンの中にはお肉が入っており、上にかけられたソースにも味がしっかり付いています。

しっかり揚げてあるワンタンのサクサクとした食感が最大の魅力です。

 

ホイアンのグルメを楽しめるレストラン

 

今回は、ホイアンの三大グルメである「カオラウ」「ホワイトローズ」「揚げワンタン」をはじめ、その他のホイアンの隠れグルメが楽しめるおすすめレストランをを紹介します。

 

 

 

ヴィーカフェ(Vi cafe)

「ヴィーカフェ(Vi cafe)」はホイアン旧市街の道路沿いに位置する大人気のレストランです。

ローカルレストランのためエアコンはありませんが、風通しがよく、涼みながら美味しいご飯を食べることができます。

「Vi cafe」は安くておいしい上、ベトナム料理やウェスタン料理などさまざまな種類の料理を一度に楽しめると多くのブログで紹介されています。

ビアホイというベトナムの生ビールが1杯3000ドン(約15円)という安さで飲むこともできます。

ベトナム料理1種とメインのお肉、デザートのセットが13万ドン(約650円)~です。観光地でお財布に優しいのは嬉しいですね! 

店員さんがフレンドリーであることもおすすめポイントです。

 

詳細情報

 

ミスリーカフェ 22(Miss Ly Cafe 22)

「ミスリーカフェ 22(Miss Ly Cafe 22)」はホイアン旧市街にあるアメリカ人店主が営むベトナム料理レストランです。

ホイアンの三大グルメを楽しむことができます。料理が美味しいだけでなく、店員が外国人観光客に優しいとブログや大手旅行サイトなどでも高評価を得ています。

店内には懐かしい雰囲気が漂い、落ち着いて食事を楽しむことができます。

多くのベトナム料理を1人あたり15万ドン(約750円)前後で満喫することができます。人気店のため特に夜は予約必須です!

 

詳細情報

 

フォースア(Pho Xua)

「フォースア(Pho Xua)」はホイアン旧市街のすぐ近くにあるベトナム料理レストランです。

ホイアンの三大グルメを食べることができます。「Pho Xua」では、三大グルメも食べられますが、名前にもある「フォー」が大人気です。

さっぱりしていながらも、普通のフォーとは麺もスープも一味違うとブログなどで多く取り上げられています。

人気のフォーは4万ドン(約200円)で食べることができます。

外観が黄色で店内は緑というおしゃれな雰囲気も大人気のレストランです。

 

詳細情報

 

タムタムカフェ(Tam tam cafe)

「タムタムカフェ(Tam tam cafe)」はホイアン旧市街の中心部にあるベトナム料理レストランです。ホイアンの三大グルメを楽しむことができます。

「タムタムカフェ」は昔からホイアンに店を構える老舗であり、日本のテレビで紹介されていたこともある人気店です。

お店の周囲には色とりどりのランタンがあり、中心部にあるレストランの中でも特にキレイだと評判です。

夜になると、2階のテラス席から幻想的な景色を見ることもできます。1階部分はカフェになっておりおしゃれな空間が演出されています。

「タムタムカフェ」ではドリンクと食事メニューを1品ずつ頼んでも、10万ドン(約500円)前後という安さで済ませることができます。

 

詳細情報

 

モーニンググローリー(Morning Glory)

「モーニンググローリー(Morning Glory)」はホイアン旧市街にあるベトナム料理レストランです。

「Morning Glory」という店名は、どこでもしっかり育つ空芯菜に由来しており、存続、成長などの意味が込められています。外観は世界遺産の町並みに合うような黄色をしていて、店内にはおしゃれなランタンが吊るされています。

ホイアン三大名物だけでなく、「ホイアン式コムガー」という名物も食べることができます。

「ホイアン式コムガー」はターメリックで炊いた黄色いご飯に蒸し鶏がのせてあり、パクチーやタマネギがトッピングされている料理です。

夜になると、「Morning Glory」周辺では色とりどりのランタンが照らされ、ステキな夜景を楽しむことができます。

「Morning Glory」では、食事の1メニューは6万5000ドン(約325円)から用意されています。

コーヒーやスムージーもメニューにあり、ちょっとした休憩にもピッタリです。

 

詳細情報

バーレーウェル(Bale well)

「バーレーウェル(Bale Well)」はホイアンにあるベトナム料理レストランです。

「Bale Well」のメニューは1種類のみ。揚げ春巻きやバインセオ(ベトナム風お好み焼き)、串焼きなどをライスペーパーで巻いて食べるセットが提供されています。

お値段は12万ドン(約600円)とベトナムのローカル店では少し高めの設定ですが、セット内容はかなりボリューム満点なのでお腹をペコペコにしてから来店されることをおすすめします◎

 

詳細情報

 

バインミーフォン(Banh Mi Phuong)

「バインミーフォン(Banh Mi Phuong)」は大手旅行口コミサイトで高評価を得ている大人気のバインミーを専門店です。ガイドブックでも多く取り上げられているため店内は観光客でいつもいっぱいです。

バインミーに詰める具材は、チーズ&グリルチキンやベーコンなどから選べ、1つは2万5000ドン(約125円)~です。

注文はメニューに書かれている番号を読むだけなので、ベトナム語が苦手な方でも簡単に注文することができます。

バインミー専門店ですが、ホイアン名物「カオラウ」やスムージーなども用意されています。

 

詳細情報

 

ピーバインミー(Phi Banh Mi)

「ピーバインミー(Phi Banh Mi)」は観光客に大人気なバインミー専門店です。ホイアンの中心地より少し離れた場所にありますが、いつも多くの人で賑わっています。

Phi Banh Mi」では数種類のソースやスパイスをミックスした独特の味付けが大人気です。

また、ベトナムのバインミーではあまり使われないアボカドをトッピングとして追加できるのも人気のポイントです。

10種類以上のバインミーは、1つ1万5000ドン(約85円)~食べることができます。

 

詳細情報

 

ミークアンオンハイ(Mi Quang Ong Hai)

「ミークアンオンハイ(Mi Quang Ong Hai)」はベトナム中部の麺料理であるミークアン(Mi Quang)を食べることができるレストランです。

ミークアンとは、日本のきしめんのような米麺を豚肉、鶏肉、エビなどからだしをとったスープにいれた料理です。

豚肉やエビ、ピーナッツ、せんべいがトッピングされています。

「Mi Quang Ong Hai」のミークアンは日本人の口にあうと大人気で、リピーター客も続出しているそうです。

1杯3万ドン(約150円)というお手軽な価格で食べられるのも人気のひとつです。

 

詳細情報

 

コムガーバーブオイ(Con ga Ba Buoi)

「コムガーバーブオイ(Con ga Ba Buoi)」はホイアン名物のコムガー(Com ga)を食べることができるレストランです。

コムガー(Com ga)はベトナム語でチキンライス(コム=ごはん、ガー=鶏肉)という意味です。

チキンライスとはいっても日本のケチャップを使ったあのライスとは全く別物で、鶏のだしで炊いたご飯に、蒸し鶏、オニオンスライス、香草などがトッピングされた料理です。

コムガー自体の味は薄めのため、お好みでサテ(エビ風味のラー油)やライムなどをかけることもおすすめです。1皿3万5000ドン(約175円)です。

 

詳細情報

 

 

まとめ

 

今回はホイアンのグルメやグルメを満喫できるレストランを紹介しました。ホイアンというと世界遺産、ランタン、夜景がきれいといったイメージが強いですが、美味しいグルメもたくさんあります。ホイアンに旅行する際は、グルメの情報もしっかり集めてから出かけてみてくださいね!

 

※この記事に記載されている情報は2018年10月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事



行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板