ベトナムの環境問題、若者の意識向上が必須

2024年07月01日(月)07時00分 公開
ベトナムの環境問題、若者の意識向上が必須

<写真:tuoitre.vn>

 

ベトナム人は環境問題にますます関心を寄せているが、環境保護活動への参加率は依然として低いままである。

 

これは全国規模で実施された廃棄物の分別とリサイクルに対する消費者の意識と行動に関する調査の結果であり、15歳から64歳までの1676人が調査対象となった。

 

PRO Vietnamと技術プラットフォームに基づく市場調査会社TGM Researchが共同で「ベトナムにおける廃棄物源泉分別に関するオンライン研究プログラム」という調査を実施した。

 

調査によると、73%の回答者が環境問題に懸念を示した。

 

しかし、15歳から24歳までの若者のうち40%は地域の環境問題に関心がないと認めており、これが廃棄物分別などの環境保護活動への参加率の低さに繋がっている。

 

また、Z世代の30%が地域の環境保護活動や会議に参加した経験があるとされており、若者の環境保護活動、特に廃棄物分別への参加率は依然として低いことが明らかになった。

 

調査をさらに進めると、15.8%が時間の制約とコストの高さを主な障壁として挙げている。

 

この背景には、財政管理と時間管理が大きな課題となる忙しいライフスタイルが影響していると考えられる。

 

また、12.7%の回答者は分別が必要な廃棄物の種類についての知識が不足しているという。

 

若者の間で廃棄物分別に真剣に取り組んでいる人は少ないが、85%がリサイクル包装製品の利点を認識している。

 

ただし、若者の購入理由に影響を与える主な要因は品質が62%、価格が42%である。

 

特に女性は品質、男性はコストにより関心が高いことが明らかになった。

 

一方で、15歳から24歳の若者のうち50%以上が廃棄物分別の重要性を認識しており、95%は分別方法についてさらに知りたいと考えていることはポジティブな兆候である。

 

調査結果は、15歳から24歳の若者を対象とした廃棄物源泉分別活動を強化する必要性も示した。

 

この年齢層は都市の廃棄物分別プログラムに対する認識が全国平均を下回っている。

 

さらに、57%が廃棄物分別や環境保護に関する公式な指導を受けていないと回答しており、この年齢層に対する包括的かつ継続的な教育プログラムの必要性が浮き彫りとなっている。

 

これを解決するために、調査担当者は地方自治体が教育キャンペーンをコミュニティ活動と組み合わせて実施することを提案した。調査によると、78%がトレーニングセッションに参加したいと考え、55%が教育資料を受け取りたいと考えている。

 

若者は特にソーシャルメディア上でコミュニティに対して大きな影響力を持つため、この年齢層の環境保護意識と理解を向上させることは、コミュニティにインスピレーションを与え、行動を促進するために非常に重要である。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2024 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板