ベトナムの労働市場、適切な労働者の採用が困難

2024年07月01日(月)07時00分 公開
ベトナムの労働市場、適切な労働者の採用が困難

<写真:vneconomy.vn>

 

ベトナムの労働市場では求職者が多い一方で、企業が適切な人材を採用することが難しいという現実が続いている。この問題は一部の供給源の質が要求に応じていないことに起因している。

 

企業は適切な人材を確保するため、多くの採用チャネルを利用し、求人フェアにも参加しているが、多くのフェアでは数名の労働者しか採用できないことも珍しくない。

 

Viettelハノイ支社の営業副部長であるチン・ゴック・トー氏によると、同社は企業の特性から質の高い人材の確保が難しいだけではなく、企業の文化と労働者の期待の違いも問題となっている。

 

若い労働者は自分の個性を表現し、快適で創造的な環境で働きたいと考えており、要求が満たせないと感じた場合は、すぐに転職する傾向があるという。

 

企業の環境は高い圧力があり、即戦力が求められるため、多くの労働者は短期間で適応できず、自ら辞めてしまう。

 

人事変動は企業にとって避けられないトレンドであり、どの職場でも淘汰は避けられないという。

 

例として、ある採用期間中に10人の応募者がいたとしても、1年後には半分しか残っていないことが多く、残りの応募者は3~6か月の間に淘汰されることが一般的である。

 

このほか、労働者自身が給与や労働環境に対する期待に応えられないと感じると、自発的に転職することもあるため、企業は常に補充のための採用を続けなければならない。

 

この現象は労働市場の必然的なトレンドであり、給与や収入だけではなく、良い企業文化も人材を引き留める重要な要素である。

 

収入と企業文化が労働者にとって快適な環境を提供し、長期間にわたって能力を発揮できるかどうかが重要となる。

 

ハノイ雇用サービスセンターのヴ・クアン・タイン副所長によると、労働市場には常にミスマッチが存在しており、求職者は多いが、企業は適切な人材を見つけるのが難しいという現実がある。

 

ハノイ市労働・傷病兵・社会問題局の副局長であるグエン・タイ・ナム氏は、企業が適切な労働者を採用するのが難しい理由として、企業がより高度な専門知識とスキルを持つ労働者を求めている一方で、現実には一般労働者が依然として多いことを挙げている。

 

多くの企業は技術を導入し、多くの労働者を必要とするのではなく、工場の最新システムを運用可能な人材を求めている。

 

これが労働者が過剰である一方で、依然として不足している理由であるという。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2024 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板