衝撃!ダナンのドラゴンブリッジ|火を吹く炎のショーを見たい!

衝撃!ダナンのドラゴンブリッジ|火を吹く炎のショーを見たい!

ベトナム中部に位置するベトナムが世界に誇る人気リゾート地、ダナン。

ダナンにはビーチや教会など様々な観光名所が存在しますが、観光地として人気な場所として挙げられるのがドラゴンブリッジ。

週末にはドラゴンが口から火を吹くショーが開催されているので、ダナンにいったら必ず立ち寄りたい観光スポットです。

今回は、ダナンのドラゴンブリッジについて、場所や行き方、ショーの詳細情報などを紹介します。

ドラゴンブリッジとは?

ダナンには街の中心にハン川という川が流れており、ハン川を境にビーチ側、市内側というように市内側が分かれています。

ビーチ側と市内側を繋ぐ大切な役割として、ハン川には5つの橋がかけられています。

ドラゴンブリッジはそのうちの1つの橋です。

 

正式名称はロン橋という名前ですが、橋が黄色の龍(ドラゴン)をモチーフにデザインされているためドラゴンブリッジの愛称で呼ばれることが多いようです。

通常時も夜になるとライトアップされますが、週末にはドラゴンが口から火を吹くショーが開催されており、観光名所になっています。

場所

ドラゴンブリッジはダナンのメイン通りとも言えるバクダン通りの南側に位置しています。

市内からビーチに向かう際には通ることの多い、中心的な場所です。

ダナン国際空港からタクシーで直進し、約15分。

ハン市場からはタクシーで10分ほどで行くことができます。

行き方

ドラゴンブリッジは市内中心地にあるため、場所によっては徒歩でもアクセスが可能ですが、タクシーやグラブ(Grab)を利用して行くのが一般的です。

タクシーでは運転手に英語で「Dragon Bridge」と伝えても通じることが多いですが、通じない場合は紙に「Cầu Rồng」というベトナム語表記を見せると誰でも理解してくれるでしょう。

グラブでも「Dragon Bridge」または「Cầu Rồng」と入力することで目的地登録ができます。

 

また、ドラゴンブリッジはビーチ側にドラゴンの頭があり、市内側に尻尾があります。

ドラゴンの頭をみたいか、尻尾をみたいかで、降ろしてもらう場所を決めておくのがいいでしょう。

ドラゴンブリッジは全長666mなので、橋を歩いて渡りながら観光するのもいいかもしれませんね。 

ギネスブックに登録されている?

ダナン解放38周年として2013年3月29日に開通したドラゴンブリッジですが、開通前の2012年には「世界最長の鉄鋼製ドラゴン」として、ギネスブックに登録されました。

ドラゴンの全長は橋の長さでもある666m。

建設費用は1兆5000億ドン、日本円にして約67億8700万円にもなるそうです。

開通されて以来、ダナンの新名所として注目を集めています!

 ハン川沿いの2本の遊歩道からドラゴンブリッジを眺めることができる

ドラゴンブリッジがかかっている川であるハン川の川沿いには市内側、ビーチ側ともに幅広い遊歩道が作られており、ドラゴンブリッジを眺めながら歩くことができます。

市内(ドラゴンブリッジの尻尾)側とビーチ(ドラゴンブリッジの頭)側の遊歩道からドラゴンブリッジを眺めることのできるおすすめスポットを紹介します。

市内側の遊歩道からドラゴンブリッジを見たい!

市内側の遊歩道にはダナンの特産である大理石で作られた像や等間隔で置かれたベンチがあり外国人観光客や地元の人の憩いの場となっています。

夜にはこの遊歩道から見るドラゴンブリッジも綺麗なのでドラゴンブリッジの全貌を見たい方におすすめです。

市内側の遊歩道の横には、川と平行に「バクダン通り」と呼ばれる大通りが走っています。

バクダン通りには、レストラン、カフェ、ベトナムらしい路上屋台が立ち並んでおり食事することもできます。食事を楽しみながらドラゴンブリッジを眺めることもおすすめです。

バクダン通り沿いには、夜遅くまで営業しているカフェや路上屋台もあるので、ドラゴンブリッジを満喫したあとで行くのもいいかもしれませんね!

 

ビーチ側の遊歩道からドラゴンブリッジを眺めたい!

ビーチ側の遊歩道には、ダナンの新観光スポットとして「DHCマリーナ」が2015年にオープンしました。

DHCマリーナはドラゴンブリッジの頭から約200mに位置しており、ここからもドラゴンブリッジを眺めることができます。

DHCマリーナにはレストラン、カフェ、お土産屋さんなどがありますが、「鯉の滝登り像」や「愛の桟橋」は観光客に人気スポットとなっています。

 

「鯉の滝登り像」は、大理石で作られた重さ約200トン、高さ7.5mの像。

像の頭部は「龍」、胴体は「鯉」で作られており、口から空高く水も吹き出します。

夜にはライトアップされとても綺麗です。

 

この像はドラゴンブリッジの方向を向いているので、像とドラゴンブリッジをセットで眺めることができます。

ドラゴンブリッジの龍が炎を吹き出している時に像とセットで写真に収めてみるのも綺麗なのでおすすめです。

 

「愛の桟橋」は恋人たちが永遠の愛を誓い合う場所をテーマに作られました。

カップルが二人の名前を刻んだ南京錠を柵に取り付けるデートスポットにもなっています。

ちなみに、南京錠は近くのお土産屋さんで120.000VND(約600円)から購入することもできますよ。

 

夜にはハート型の電灯が灯され、カップルでなくても観光客や地元の人たちに人気のスポットとなっています。

愛の桟橋からは鯉の滝登り像とドラゴンブリッジともに見ることができるので、ハート型の電灯と鯉の滝登り像とともにドラゴンブリッジを眺めるととても綺麗です!

ドラゴンがカラフルにライトアップされる

昼間のドラゴンブッリジも迫力がありますが、夜になるとより存在感が増します。

実は、ドラゴンブリッジは毎日18時頃からライトアップされます。

このライトアップは、約1万5000個のLED電球が使用されているのだとか。

 

色は1色だけでなく、青,緑,黄,赤の4色が用いられ、約5分ごとに変化していきカラフルにライトアップされます。

あたり一面真っ暗な景色の中、ドラゴンブリッジがかかっているハン川の水面にもライトアップされているドラゴンが反射し、波打つドラゴンがまるでハン川を潜っているように見え、とても迫力がありますよ。

ドラゴンが炎や水を吹くダイナミックなショーが開催される

毎日のライトアップに加え、週末の土曜、日曜日にはショーが開催されます。

週末にダナンを訪れることができる方は、とても盛り上がるショーなので見ていくことをおすすめします。

ショーの開催時間、内容、雨天の場合、ショーを見る際のおすすめスポットを紹介します。

ショーの開催時間

ショーは、週末土曜,日曜日の、21時頃から約10分間開催されます。

8時30分頃からはたくさんの観光客や地元の方たちもドラゴンブリッジに集まりはじめ、橋にはたくさんの人たちで溢れかえります。

8時45分頃には、橋の両端が交通規制で一時通行止めになるので、時間に余裕を持って行きましょう。

ショーの内容

ショーが行われる10分間の間に、ドラゴンの口から数十回に渡って炎を豪快に吹き出します。

ドラゴンの口から吹き出る火柱の長さはドラゴンの頭の倍以上にもなるので、ドラゴンの頭の近くでショーを見ると炎の熱気を感じることができます。

ドラゴンの口から炎が出るたび、歓声が響き渡り橋付近は大盛り上がり。

 

ショーの終盤には、クライマックスと言える「噴水ショー」が始まります。

ドラゴンの口から勢いよく水が出るので、ドラゴンの頭付近の橋の上は、水浸しになるほどです。

雨の場合は開催されるの?

ショーを見るために、週末にせっかくダナンに訪れたのに天候が雨で、ショーが開催されるか不安な方もいるでしょう。

残念ながら、ショーは雨天の場合には中止になる場合があります。

雨が運良く晴れて開催されることや少しの雨であると開催される場合など、晴天時とはショーの開催時間が前後するので、当日の天気を考慮しながらですが、余裕を持って行くことをお勧めします。

ショーをより迫力的に見たい方へのおすすめスポット

ショーをより迫力的に見たい方は、橋の上のドラゴンの頭の近くで見ることをおすすめします。頭の近は、ドラゴンが口から出す炎の熱気を感じることができるスポットです。

噴水ショーでは全身に水を浴び、より迫力的にショーを楽しむことができますよ。

ドラゴンの頭の近くはとても人気なので、時間に余裕を持って行きましょう。

 

頭の近くでショーを見ると、全身がずぶ濡れになるため、濡れたくないという方は、噴水ショーが始まる前にカッパを着用するのが良いでしょう。

携帯やカメラなどの貴重品も濡れる可能性もあるので、防水対策もおすすめです。

橋の上はとても混雑しているので、スリや置き引きには十分気をつけましょう。

ショーをゆったりと見たい方へのおすすめスポット

橋付近はたくさんの人で、溢れているのでゆったりと見たい方は橋付近のレストランやホテルで橋の全貌を見ながらショーを楽しむことをおすすめします。

橋付近のおすすめのレストランやホテルについては、次の章と合わせて紹介します。

ドラゴンブリッジを眺めながらレストランでお食事でも!

ドラゴンブリッジは近くで楽しむことができますが、近くだけではなく一味違った楽しみ方をしませんか?

ライトアップ時やショーが行われている絶景の中、食事をとることができるのでドラゴンブリッジを近くで見る時とは違った楽しみ方ができます。

ドラゴンブリッジを眺めながら食事をとることができるおすすめのレストレンを紹介します。

セブンブリッジ(7 Bridge)

ドラゴンブリッジの頭の方から、約200mに位置しています。

こちらのお店では、美味しいクラフトビールを飲みながらドラゴンブリッジを眺めることができます。お店は1階から4階まであり、4階だけ屋上のテラス席となっていて、夕方から入ることができます。

4階のテラス席は開閉式の屋根がついているため、雨天の際もドラゴンブリッジのライトアップを楽しむことができます。

4階のテラス席は予約が必要なので、あらかじめ予約をしておきましょう。

 

●7 Bridges Brewing Taproom 詳細情報

オリビアズ プライム ステーキハウス(Olivia's Prime Steakhouse)

ドラゴンブリッジの頭の方から、約200mに位置しています。

こちらのお店は、地元の人や観光客にも人気の、美味しいステーキが食べられるステーキハウスです。

お店は2階まであり、テラス席のある2階では、ドラゴンブリッジ、鯉の滝登り像ともに近いため、素晴らしいロケーションで食事を楽しむことができます。

テラス席は、数が少なく人気なので、予約しておくといいでしょう。

 

●Olivia’s Prime Steakhouse 詳細情報

ドラゴンブリッジを最高のロケーションで眺められるホテル

ドラゴンブリッジのライトアップやショーを見たいけど、人混みや多くの人の歓声が上がっている中では見たくない! もっと落ち着いてみたい! という方もいらっしゃると思います。

そんな方へ、ドラゴンブリッジを最高のロケーションで眺められるホテルを紹介します。

リバーサイドホテル(Riverside hotel)

ドラゴンブリッジの頭の方から、約100mに位置しています。

こちらのホテルは、ドラゴンブリッジ、鯉の滝登り像ともに近く、ホテルの部屋から見ることができます。

「リバーサイドホテル」は、シティー側とリバー側に分かれています。リバー側でないとドラゴンブリッジを見ることができないので、予約する際は注意が必要です。

角部屋をとることができれば最高のロケーションでドラゴンブリッジを眺めることができます。

 

●Riverside Hotel 詳細情報

ブリリアントホテル(Brilliant Hotel)

ドラゴンブリッジの尻尾から、約700mに位置しています。市内にとても近く、教会やハン市場などの観光スポットからも近く、観光しやすい場所になっています。

ドラゴンブリッジからは、約700m離れているので少し遠いと思われる方もいるかもしれませんが、ドラゴンブリッジの全貌を見ることができます。

予約をする際は、シティー側とリバー側に分かれているため、リバー側を選択しないとドラゴンブリッジが見ることができないため注意が必要です。

最上階のバーからは、ドラゴンブリッジを眺めることができます。

ショーの時間になると満席になることがあるので、バーに行かれる際は余裕をもって行くことをおすすめします。

 

●Brilliant Hotel 詳細情報

ヴァンダホテル(Vanda Hotel)

ドラゴンブリッジの尻尾から、約100mに位置しています。「ヴァンダホテル」の一番の魅力はドラゴンブリッジがホテルの目の前にあるところです。

ホテルからの景色はドラゴンブリッジがかかっている方向と並行に見ることができるので、横から見るドラゴンブリッジとは違う様子のドラゴンブリッジを楽しむことができます。

ホテルは1フロアに4部屋あり、そのうち2部屋がリバー側になっているため、予約する際は注意が必要です。

ホテルの最上階は、ルーフトップバーになっており、ここからもドラゴンブリッジを眺めることができます。

こちらのバーは、半分は屋内になっているので雨天の際も安心して楽しむことができます。

 

●Vanda Hotel 詳細情報

まとめ

今回は、ダナンの観光地の人気な場所として挙げられる「ドラゴンブリッジ」について紹介しました。

週末のショーでなくても、「ドラゴンブリッジ」の魅力はたくさんあります。

ダナンに訪れた際にはドラゴンブリッジへ行くことを検討してみてはいかがでしょうか?

 

※この記事に記載されている情報は2021年3月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...

ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板