ホーチミンの天気や気候はどう? 気温や服装について紹介

ホーチミンの天気や気候はどう? 気温や服装について紹介

ホーチミンに旅行に行くのなら、天気が良い日の方が嬉しいですよね。「ホーチミンの気候は暑いって聞くけど実際どうなの?」 「四季がないって本当?」 「どんな服を持っていけばいいの?」と気になることはたくさんあると思います。今回はホーチミンの天気や気候、おすすめの服装などについて紹介します。

 

 

ホーチミンはどんな気候をしているのか 


ベトナムの南部に位置するホーチミンは、熱帯モンスーン気候です。四季はなく、雨季と乾季のみが存在します。1年を通して気温が大きく推移することはなく、年間の最低気温は22℃~25℃、最高気温は30℃~34℃、平均気温は26℃です。

 

ホーチミンの1月と2月は晴れの日が多い?

ホーチミンの雨季(5月~10月)と乾季(11月~4月)の天気についてご紹介します。

 

ホーチミンの雨季(5月・6月・7月・8月・9月・10月) 

5月~10月は雨季です。雨がほぼ毎日降るため、降水量が雨の少ない乾季と大きく異なります。雨季といっても、日本の梅雨のように1日中雨が降り続けるのではなく、「スコール」といって数十分だけ強い雨が降ります。日によっては1日に何度も降ることがあり、一度スコールが止んでも油断はできません。

 

ただし、雨季だからといって終日曇り空というわけではありません。雨季でもスコールが降らない時には晴れ間が広がることが多いです。湿度が非常に高く、蒸し暑いのも雨季の特徴です。スコールが降った後は、暑さが抑えられ、涼しくなります。

 

ホーチミンの乾季(11月・12月・1月・2月・3月・4月) 

11月~4月が乾季です。晴れや曇りの日が多く、比較的過ごしやすくなっているため、観光客にとってベストシーズンです。とはいえ、乾季の間も全く雨が降らないというわけではありません。日本のように長く降ることはないものの、時々短時間雨が降ります。

 

 

ホーチミンでの服装


ホーチミンではどのような服装が好ましいのでしょうか? ホーチミン在住のPOSTEスタッフがご紹介します。

 

服は半袖・半ズボンがおすすめ 

ホーチミンは年中暑いため、風通しの良い服装がおすすめです。半袖・半ズボン姿で街中を歩く人は大勢います。ベトナムではドレスコードがあまり厳しくないので、街で食事する際も基本的にはカジュアルな服装で大丈夫です。

ただし、レストランやカフェなど、屋内に入るとクーラーが効きすぎていて寒いこともあります。そのため、薄手の上着を持っておくと安心です。また、虫刺されや日焼けが気になる方はあまり露出をしない方がベターです。

 

靴は基本的にはサンダルがおすすめ

ベトナムではサンダルを履いて街を歩いている人が大勢います。しかし、道が舗装されていないところもあるので、サンダルだと歩きにくいです。そのため、長時間歩く予定の方はスニーカーなどの歩きやすい靴を履くのがおすすめです。

 

日本の折りたたみ傘は役に立つ?

スコールはかなり激しい雨なので、残念ながら日本で使っているような折りたたみ傘では雨をしのぐことが難しいです。雨の中を歩く場合はレインコートやレインポンチョを着用するのも一つの手です。

 

スコールが降った時、どこで過ごす?

雨が降っている時はタクシーを利用する人が多くなり、タクシーを拾うのが難しくなります。そのため、よっぽどの急ぎでなければ、屋内に入ってスコールが止むのを待つのがおすすめです。

ホーチミンでは、スコールが降っても屋内でも大いに楽しめます。カフェでお茶したり、ショッピングセンターで買い物をしたり……ベトナムはWiFi環境が非常に整っており、ほとんどのお店でWiFiを使用することができます。お店で休憩しながら、次の目的地の情報を調べるのもいいかもしれませんね。

 

 

まとめ


ホーチミンは年中暑く、晴れや曇りが多いですが、雨季は毎日のようにスコールに見舞われます。とはいえ、街にはカフェやレストラン、ショッピングセンターなどがそろっているのでご安心を! 天気に左右されずに観光を十分に楽しめます。ホーチミンでは、涼しい服装で街歩きを楽しみましょう!

 

関連記事

 

行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板