ホーチミンの幼稚園まとめ|費用や評判も併せて紹介

ホーチミンの幼稚園まとめ|費用や評判も併せて紹介

ホーチミンには幼稚園がいくつかあり、インターナショナル幼稚園や日本人向け幼稚園など種類もさまざまです。

費用や、言語環境、評判、口コミと気になることはたくさんあると思います。

今回はホーチミンの幼稚園事情をまとめて紹介します。ベトナム在住のママさん必見です!

 

 

みらい幼稚園


「みらい幼稚園」は「遊びを通して生きる力を育む」というモットーを掲げている幼稚園です。

ホーチミン2区には本園、7区に隣接するニャーベ(Nha Be)区には分園があり、どちらの施設にも園児がのびのびと遊ぶことができる大きな園庭やプールが備えられています。

給食は無農薬野菜と無農薬米にこだわっており、契約農家から直接仕入れた食材を使用して調理しています。英語教育にも力をいれており、ネイティブの講師もいます。

毎年10月末に4月入学向けの入園説明会がありますが、それ以外の時期も入園・見学は随時受付中です。

 

「みらい幼稚園」本園詳細情報

  • 電話番号:028-3744-6270/012-0833-1833(日本語直通)
  • 住所:No.1-2, 57 St., Thao Dien Ward, District2, HCMC
  • メールアドレス:info@miraiyouchien.com
  • Facebook:https://www.facebook.com/miraiyouchien/
  • 費用 :入園費:600ドル、 施設費:100ドル 、保育費:350ドル(月1回、給食費50ドル含む)、 その他バス送迎費、保険費用など別途
  • スクールバス:有り
  • 対象年齢:満2歳児~満5歳児
  • 登園・降園時間:9:00~14:40


「みらい幼稚園」分園詳細情報

 

 

おおぞら日本人幼稚園


「おおぞら日本人幼稚園」は「創造・探求・そして冒険」をモットーとして掲げ、子どもとのワクワク感を大切にする日系の幼稚園です。

「おおぞら日本人幼稚園」はホーチミン7区にあり、創造力を活かせるような自然豊かな環境が整えられています。
園内では「正しい日本語を使用すること」「周りの人に挨拶すること」などを大切にし、日本人としてのアイデンティティを育みます。

給食にはオーガニックの食材を積極的に使用しており、健康面についても考えられています。

親子で一緒に遊ぶイベントも開催され、保護者同士の交流も盛んに行われています。幼稚園見学も随時開催中です!

 

「おおぞら日本人幼稚園」詳細情報

 

 

桜モンテッソーリ子どもの家


「桜モンテッソーリ子どもの家」はホーチミンの2区にある幼稚園です。

幼稚園の名前にある「モンテッソーリ」とはイタリアの女性医師「マリア・モンテッソーリ」により開発された教育法の名前が由来しています。

モンテッソーリ教育法では、子どもは生まれながらに自分自身を成長をさせる力を持っていると考えられています。
そのため、子どもにはあえて正解を与えず、子供の「やってみたい!!」という挑戦意欲をかきたてるような教育が大切にされています。

モンテッソーリ教育法を実践している「桜モンテッソーリ子どもの家」では子どもの手のサイズに合った独自の遊具やパズルが用意され、興味や挑戦意欲をかき立てる工夫がされています。

かなり人気の幼稚園のため、毎年定員を上回る申込みがあるそうです。そのため、入園のためには予め予約をすることが必要です。

 

「桜モンテッソーリ子どもの家」詳細情報

  • 電話番号:090-2349-804
  • 住所:253/12 Luong Dinh Cua, An Phu, District2, HCM
  • メールアドレス:contact@sakuramontessori-hcm.jp
  • 費用:入園費:300ドル、設備費:250ドル、保育費:590ドル(月1回)、バス送迎費:90ドル(月1回)
  • スクールバス:有り
  • 対象年齢:満18ヶ月~満5歳児
  • 登園・降園時間:​8:30~15:30(延長保育、半日保育あり)

 

 

タオディエン日本人幼稚園

 

ホーチミン・2区の閑静な住宅地に位置する日系幼稚園です。
「主体的に・対話的に・深い学び」をアクティブラーニングを通じて体得していくことを大切にしています。
ベトナムで、日本の文化の大切さを感じ、日本人としてのアイデンティティを育てていく保育が特徴です。

通わせてよかった、通って楽しかったと親も子どもも思える幼稚園作りを目指しています。

 

「タオディエン日本人幼稚園」詳細情報

 

 

スマイル幼稚園


「スマイル幼稚園」は、自ら考え、行動し、成長できる日本式の教育をめざしており、「Smile(笑顔)」「Safety(安全、安心)」「Self reliance(自立)」「Splendid manners(規律)」の4つの「S」を重視しています。

スマイル幼稚園では日本人の先生も常駐し日本語の時間も設けられていますが、ベトナム人向けの幼稚園のため日常会話では主にベトナム語が使用されています。

食育の面でも自ら行動することが意識され、専門家による指導のもとうどんやピザ作りの体験イベントが行われています。

 

「スマイル幼稚園」詳細情報

【次のページ】
ホーチミンにあるインターナショナル幼稚園も紹介!


おすすめのプロモーション

行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板