ホーチミン市、企業の半数がテト賞与支給に苦心

2022年01月11日(火)11時01分 公開
ホーチミン市、企業の半数がテト賞与支給に苦心

<写真:VN Express>

 

ホーチミン市労働・傷病兵・社会問題局が実施した調査によると、新型コロナウイルスの影響により、市内の半数の企業が労働者へのテト賞与の支払いに苦心しているという。

この調査は計17万5000人の労働者が勤務する1000社以上を対象に実施されたもの。

 

同局のHuynh Thanh Khiet副局長は、最も高額な賞与が支払われるのは電力、財務、保険、金融などの分野だと述べた。

中小企業については少額になるとしたが、ほとんどの企業が賞与を支払う方針だと続けた。

 

ホーチミン市人民委員会のDuong Anh Duc副委員長は、労働・傷病兵・社会問題局に対し、企業が賞与を支払い、労働者によるストライキや大勢の退職を避けるため、企業に助成金を支給するように指示したという。

さらに、同市はテトの支援として各家庭に115万〜310万ドン(約5750〜1万5500円)を支給する計画をしているという。

 

7日、ドンナイ省では台湾系履物メーカー「ポーチェンベトナム(Pouchen Viet Nam)」の工場でテトの賞与が低すぎるとして労働者数千人がストライキを実施。

これにより工場周辺では交通渋滞が発生していたという。

 

 



行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板