ベトナムの糖尿病患者、約700万人で増加傾向

2024年07月03日(水)07時00分 公開
ベトナムの糖尿病患者、約700万人で増加傾向

<写真:tuoitre.vn>

 

ベトナム内分泌糖尿病協会の会長であるチャン・フー・ザン教授によると、ベトナムにおける糖尿病患者の数は増加傾向にあり、過去10年間で患者数は2倍に増加した。

 

これらの患者のうち、半数以上は診断されておらず、治療を受けていない。診断され治療を受けている患者の中でも、治療目標を達成しているのは約3分の1に過ぎないという。

 

糖尿病は世界で最も一般的な慢性疾患の1つであり、急速に増加しているため、公衆衛生上の重要な問題となっている。

 

現在、糖尿病は主要な死因の1つであり、医療費の負担を増加させ、公共の健康に深刻な影響を及ぼしているが、社会の理解はまだ十分ではない。

 

国際糖尿病連合のデータによると、2021年には世界中で成人の10人に1人以上が糖尿病を患っている。成人人口の20%以上が糖尿病を患っている国も増加した状態である。

 

2000年から現在までの統計では、20歳から79歳の糖尿病患者の割合は3倍以上に増加し、過去15年間で糖尿病の医療費も3倍に増加している。

 

ベトナムでも糖尿病患者の割合が急速に増加しており、病気は都市部だけでなく、山岳地帯、中部高地、平野部など全国に広がっている。

 

糖尿病は健康に多大な害を及ぼし、治療が遅れることが多いため、障害や死亡を引き起こす可能性がある。

 

現在、ベトナムには約700万人の糖尿病患者が存在し、55%以上がすでに合併症を抱えており、34%が心血管合併症、39.5%が眼や神経の合併症、24%が腎臓の合併症を患っている。

 

これらの合併症は医療費の増加だけでなく、生活の質の低下も引き起こしている。

 

ベトナムでは、子供の糖尿病の割合も増加しており、特に1型糖尿病が90%を占める。全国の小児専門病院のデータによると、約2000人の子供が1型糖尿病と診断されている。

 

1型糖尿病の発症は、都市化の進行、人口密度、経済状況、地理的要因などが関与しているとされているが、詳細は明らかにされていない。

 

1型糖尿病は性別による有意な違いはないが、15歳以上の男性の発症率が高い。最も多い発症年齢は10歳から14歳で、最近では発症年齢が低下する傾向がある。1型糖尿病は秋と冬に最も多く発見される。

 

ベトナムでは、1型糖尿病の包括的な疫学データはまだ不足しているが、中央小児病院では過去33年間で943人の子供が1型糖尿病と診断され、現在も586人が治療を受けている。特に過去7年間で新たに診断される子供の数は増加しており、毎年60人から95人が新たに1型糖尿病と診断されている。

 

この病気はインスリン治療を必要とし、初期治療は病院で行い、その後は家庭での安定した治療が続けられる。患者の継続的な管理と適切な治療に重点を置くことが重要である。

 

保健省は、1型糖尿病の診断と治療のガイドラインを策定し、診断と治療の標準化と質の向上を図っている。非感染性疾患による死亡率はベトナムで77%以上を占めており、その割合は増加傾向にある。

 

心血管疾患、癌、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、糖尿病はこれらの疾患群に含まれている。

 

保健省や専門協会、国内外のパートナーが協力して、これらの疾患の予防と対策を進めており、何百万もの患者の生活にポジティブで意義ある変化をもたらすことを目指しているという。

 

 

[© poste-vn.com 2012-2024 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。


行きたいお店を見つける
Loading...
Loading...
Loading...
ホーム ニュース 生活情報 お店探し 掲示板