ベトナムのお菓子は美味しい? まずい? お土産で大人気のものも紹介

ベトナムのお菓子は美味しい? まずい? お土産で大人気のものも紹介

ベトナムのお土産にはベトナムならではのお菓子を買いたい!

 今回はそんな方のために、ベトナム在住のポステスタッフがコンビニやスーパーで売られているベトナムのお菓子を紹介します!
「気になってたあのお菓子は美味しいのか?」「ベトナム人の若者に人気のお菓子はどれなのか?」「お土産にピッタリのお菓子はどれ?」など皆さんの疑問にお答えします!

 

 

ドライフルーツ(チャイカイサイコー:Trái cây sấy khô)

 

ベトナムには色々な種類のドライフルーツが売られており、その中でも特にドライマンゴーやドライバナナは人気があります。ベトナム語でドライフルーツは「チャイカイサイコー(Trái cây sấy khô)」と言います。フルーツの生産が盛んなベトナムでは日本と比べて安価な値段で購入することができます。

 

ドライマンゴー(ソアイサイデオ:Xoài sấy dẻo)

 

ベトナムで最も有名なドライフルーツがドライマンゴー。さすがは南の国、日本よりも安い価格でドライマンゴーを購入することができます。若い女性を中心に人気が高く、お土産として日本に買って帰る日本人が多いようです。
ベトナム語で「マンゴー」は「ソアイ(Xoài)」と言います。また、「乾燥させる」は「サイ(Sấy)」、「柔らかい」は「ゼオ(Dẻo)」と言うことから、ベトナム語でドライマンゴーは「ソアイサイゼオ(Xoài sấy dẻo)」と言います。
最近ではドライマンゴーにチョコレートをかけた商品も人気になっています。
 
メーカーによって異なりますが、ドライマンゴーはスーパーなどでは1袋あたり約5万ドン(約250円)で販売されています。
市場などではより安い値段で購入することができるかもしれません。
ドライマンゴーは多くのメーカーが販売していますが、中でもおすすめなのが「ビナミット(VINAMIT)」のドライマンゴーです。

 

ドライバナナ(チュオイサイ:Chuối sấy)

 

バナナ=フィリピンを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、ベトナムでもバナナは国民的フルーツ。市場やスーパーなど街中の至るところで見つけることができます。
数あるドライフルーツの中でもドライバナナの人気は高いです。日本人も食べ慣れたフルーツのため、お土産としても人気です。
50gで約3万ドン(約150円)と安価なため、バラマキ用のお土産や家族で食べるおやつに最適です。

 

ドライドリアン(サウリエンサイ:Sâu riêng sấy)

 

「果物の王様」とも呼ばれているドリアン。匂いだけではなく、その効能も王様級なんです。マグネシウムやリンといった体の機能を維持するために欠かせないミネラル分が豊富に含まれています。さらにビタミンBも豊富で疲労回復や高血圧を予防する効能も持っています。​ドリアンといえば心配なのが強烈な匂いですよね。しかし、ドライドリアンは生のドリアンよりも匂いが控えめです。
身体に良い成分がたっぷりと入ったドリアン。ベトナムでは1袋あたり約6万ドン(約300円)で購入できます。
まだ食べたことがない方はドライフルーツから試してみるのも良いかもしれませんね!

 

ドライジャックフルーツ(ミットサイ:Mít sấy)

 

日本では馴染みのないジャックフルーツですが、ベトナムではよく食べられる果物の1つです。世界最大と言われ、重さは30キロを超えることも多々ある果物です。スイカやメロンなど比にならない重さですね。ジャックフルーツはドリアンと同様、匂いがキツイことでも有名。ただ、味はベトナム人だけでなく、ベトナム在住日本人や外国人の間でも好きな人が多いのだとか。
匂いが苦手でまだ試したことがない方は、匂いが弱いドライフルーツから食べてみることがおすすめです。
ドライジャックフルーツはコンビニやスーパーなどで一般的に購入することができます。値段は約100g約3万ドン(約150円)程度です。

 

ドライパイナップル(トムサイデオ:Thơm sấy đẻo)

ドライフルーツが有名なベトナムでもあまり見かけることのないドライパイナップルはベトナムの隠れたおすすめお菓子です。ドライパイナップルは市場では50gで約5万5000ドン(約225円)で購入することができます。

 

ドライオニオン(ハインタイサイ:Hành tây sấy)

 

 

日本でドライオニオンといえばサラダにトッピングするものですが、ベトナムのドライオニオンは玉ねぎをそのまま乾燥させたお菓子です。乾燥させることで匂いが控えめになるだけでなく、甘さが増すため、生の玉ねぎが苦手な人でも食べやすい味と言われています。ベトナムのスーパーで販売されていることが多く、値段は30gあたり2万ドン(約100円)ほどです。

 

ドライザボン(ボーブオイサイ:Vỏ bửơi sấy)

 

「ザボンってなに?」と思った方も多いのではないでしょうか? ザボンは日本でもお馴染みのボンタンに似たようなフルーツです。大きい果実と独特の甘さが特徴です。
ドライザボンはザボンの周りの皮を乾燥させたもので、みかんに近い味がします。ドライザボンは大型スーパー「ビンマート(VINMART)」や市場などで販売されています。値段は70gで5万ドン(約250円)ほどです。

 

ココナッツチップス(ヅア サイ ゾン:Dừa sấy giòn)

海外セレブからも人気があり、日本やアメリカでは品薄状態にあるココナッツチップス。ココナッツの果肉を乾燥させてパリパリのチップスにしたものです。ココナッツの自然な甘さと香ばしい風味が美味しいと人気です。
ココナッツチップス自体のカロリーは高いですが、脂肪を燃焼してくれる効能が含まれているため、女性からの人気はものすごく高いです。
日本では品薄状態でなかなか手に入れることができないものですが、ベトナムはココナッツ生産国。小袋のココナッツチップスを約1万ドン(約50円)で購入することができます。日本と比べるとかなり安いです。

 

 

ナッツ類(ハット:Hạt)

 

ベトナムではナッツの生産量が高く、市場やスーパー、コンビニなど至る所で販売されています。
中でも、ベトナムは世界一のカシューナッツ生産国。ベトナムではコンビニやスーパーでは普通のナッツはもちろん加工され、味のついたナッツのお菓子が沢山販売されています。おつまみ風のナッツ菓子も売られているのでお土産だけでなく、普段のお酒のお供にもおすすめです。

 

ピナッツ(PINATTSU)

 

「ピナッツ(PINATTSU)」は東南アジアの大手お菓子メーカー「オイシ(OISHI)」の商品です。味は「ココナッツ味」「唐辛子味」「海鮮唐辛子味」の3種類があります。辛いのが苦手な方にはココナッツ味、お酒のおつまみには唐辛子味と海鮮唐辛子味がおすすめ。油で揚げていないのでヘルシーでベトナム人の若者から人気のお菓子です。値段は1つ約1万1000ドン(約55円)ととてもリーズナブルな値段で購入することができます。

 

ダウフォンザーカー(Đậu phộng da cá)

「ダウフォンザーカー(Đậu phộng da cá)」はピーナッツの周りに味がつけられたお菓子です。種類は「ココナッツ味」と「チーズ味」の2種類があります。値段は6000ドン(約30円)程で購入することができます。基本的にベトナムのスーパーやコンビニで購入することができます。

 

 

チョコレート(ショーコーラ: Sô-cô-la)

 

ベトナムは世界が認めたカカオの原産国。
そのため、スーパーやコンビニでもベトナム産カカオを使用したチョコレートが多く販売されています。ここでは、ベトナムで人気のチョコレート菓子を紹介します。

 

 

マロウチョコレート(MAROU)

ベトナム産カカオを使った最も有名なチョコレートブランドが「マロウチョコレート(MAROU)」。
ホーチミンとハノイにはアンテナショップもあり、種類豊富なチョコレートを購入することができます。
コンビニやスーパーでもマロウチョコレート(MAROU)の板チョコは購入することができます。有名な賞を受賞し、世界からも認められているベトナム産カカオの味を存分に生かしているマロウチョコレートはお土産におすすめです。
スーパーやコンビニで販売されている「マロウチョコレート」の板チョコはカカオの産地別に6種類あります。
 
  • 後味が爽やかなチョコレートが好きな方は水色のラムドン74%(LAM DONG)
  • 強いコク、スモーキーな香りの大人な味が好きな方は赤色のバリア76%(BA RIA)
  • スパイシーかつフルーティーな甘さを味わいたい方には青色のティエンジャン70%(TIEN GIANG)
  • カカオを加工し、甘み、酸味、苦みの完璧なバランスがとれたチョコレートを味わいたい方には黄色のドンナイ72%(DONG NAI)
  • フルーツのような酸味が好きな方には緑色のベンチェ78%(BEN TRE)
  • カカオの本来の味が好きな方は紫色のダックラック70%(DAK LAK)
 
1枚6万ドン(約300円)程度と、日本の板チョコよりも高い高級チョコレートですが、味は抜群です。
 

【次のページ】
続いてはクッキーやスナック系のお菓子を紹介します‼︎


おすすめのプロモーション

行きたいお店を見つける

ホットニュース
ホーム ニュース 生活情報 タウンガイド 掲示板