ホーチミンではカレーが大人気!!  日本風からインド風のお店まで紹介

グルメ グルメ 2018年12月01日


ホーチミンではカレーが大人気!!  日本風からインド風のお店まで紹介

ホーチミンでおいしいカレー屋さんってどこにあるのか知っていますか?? カレーは日本の代表的な国民食ですが、実はベトナムでも人気の料理の一つです。今回は数あるカレー屋の中からホーチミン在住のPOSTEスタッフがオススメのお店を厳選して紹介します!!

 

 

日本風カレー


日本で食べられている小麦粉とカレー粉を使用したとろみのあるカレーはもともと西洋で発明されたもので、19世紀ごろイギリス経由で日本に伝わったと言われています。西洋料理に起源を持ち、トロッとしたルーが特徴的な日本のカレーはホーチミンでも食べることができます!

 

えびす(EBISU)

 

「えびす(EBISU)」は、ホーチミン1区と2区に店舗を構える日本食レストランです。1区のお店ではうどんと炭火焼きを中心に、2区のお店ではうどんお寿司を中心とした日本食を提供しています。「えびす」ではカレーが13万ドン(約650円)で、カツカレーが16万8000ドン(約840円)で食べることができ、日本で食べていた懐かしの味を楽しむことができます。

 

詳細情報(1号店)

 

詳細情報(2号店)

 

ヴィズ(Vidu)

「ヴィズ(Vidu)」は、ホーチミン1区の日本人街にほど近いタイバンルン(Thai Van Lung)通りと、2区の高級住宅街タオディエン(Thao Dien)にあるカレー屋さんです。日本人女性のオーナーが経営する「Vidu」のカレーは濃厚なルーの中に目玉焼き、骨つきチキンが入っているのが特徴で、食べ応えがあります。サラダとカレーのセットで17万ドン(約850円)です。日によっては海老カレーやドライカレーなどの裏メニューも提供しています。

 

詳細情報(タイバンルン店)

 

詳細情報(タオディエン店)

 

シカ(Shika)

「シカ(Shika)」は、ホーチミン1区にある隠れ家のような日本風カレー屋さんです。カレーは15種類以上もあり、プレーンのカレーは7万8000ドン(約390円)、野菜カレーや豆腐カレーは9万8000ドン(約490円)とリーズナブルです。固形ルーや油などは一切使わず、野菜や肉をじっくりと煮込んで作られたカレーはコクが深く、栄養満点なところもオススメポイントです。

 

詳細情報

 

CoCo壱番屋(Coco Ichibanya)

「CoCo壱番屋(Coco Ichibanya)」は、ベトナム1号店となる店舗が2018年にビンコムセンター・ランドマーク81に開業したことで話題となった日本でも有名なカレーチェーン店です。約40種類のカレーメニューのほか、サラダやドリンクを取り揃え、トッピングやご飯の量、カレーの辛さをカスタマイズできるなど、日本と同様のサービスを提供しています。また、カレー文化のないベトナム人の口にも合いそうなオクラ豆腐カレーや納豆カレーなども食べることができます。

 

詳細情報

 

 

インドカレー

 

カレーと言ったらインドカレーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 数あるインド料理レストランの中からオススメのレストランを紹介します。

 

ベナラス(BENARAS)

「ベナラス(BENARAS)」はホーチミンのハイバーチュン(Hai Ba Trung)通りの近くにあるインド料理のお店です。「BENARAS」のカレーは牛乳や生クリームなどを使用しているためこってりと濃厚で、日本人に馴染みのある北インドカレーです。メニューの数がかなり豊富なため、予算に応じておいしいインド料理を存分に楽しむことができます。数あるインド料理の中でも「BENARAS」では野菜カレーとチキンカレーが人気です!! 味付けも辛すぎないため、日本人にもオススメです。「BENARAS」にはカラオケのスペースもあり、宴会での利用にもピッタリです。

 

詳細情報

 

 

ガネッシュ・インディアンレストラン(Ganesh Indian Restaurant)

「ガネッシュ・インディアンレストラン(Ganesh Indian Restaurant)」はホーチミン1区のハイバーチュン(Hai Ba Trung)通りにあるインド料理屋さんです。何種類ものスパイスを使用した本格的なカレーはホーチミン在住の日本人からとても人気があります。満席になってしまうこともよくあるため、あらかじめ予約しておくことをおすすめします。

 

詳細情報

 

サイゴン・インディアンレストラン(Saigon Indian Restaurant)

「サイゴン・インディアンレストラン(Saigon Indian Restaurant)」はドンコイ(Dong Khoi)通りとグエンフェ(Nguyen Hue)通りの間あたりにある老舗のインド料理屋さんです。北インドと南インド両方のカレーを楽しむことができることから、ホーチミン在住のインド人にも大変人気のあるお店です。

 

詳細情報

 

ババズ・キッチン(Baba's Kitchen)

「ババズ・キッチン(Baba's Kitchen)」はホーチミンのブイビエン(Bui Vien)通りにあるインド料理屋さんです。インドカレーだけでなく、サモサやチキンティッカなどメニューの種類もかなり豊富です。また、本格的なインドカレーを10万ドン(500円)前後とリーズナブルな価格で食べることができるので、ホーチミン在住の日本人にも人気があります。味は少しスパイシーなので、辛いカレーが苦手な方はあらかじめ店員さんに伝えておくことをおすすめします。

 

詳細情報

 

 

タイカレー

 

唐辛子のピリッとした辛さとココナッツミルクの濃厚な甘みが癖になる方も多いタイカレー。ホーチミンで本格的なタイカレーを食べることができるお店を紹介します。

 

ハウヴィタイ(Khau Vi Thai)

「ハウヴィタイ(Khau Vi Thai)」は、ホーチミン5区の中華街(チョロン)エリア近くにある本格タイ料理レストランです。100席ほどある店内は広々としていて、落ち着いた雰囲気でタイ料理を楽しむことができます。「Khau Vi Thai」では、代表的なタイ料理であるトムヤムクンが16万ドン(約800円)、パッタイが10万ドン(約500円)で提供されています。また、本場の味に近いチキングリーンカレーは10万ドン(約500円)で食べることができます。

 

詳細情報

 

ゴールデン・エレファント(Golden Elephant)

「ゴールデン・エレファント(Golden Elephant)」は、ハイバーチュン(Hai Ba Trung)通りに面するタイ料理レストランです。「Golden Elephant」ではグリーンカレーやレッドカレーなどのタイカレーはもちろん、渡り蟹のカレーやチキンとジャガイモのカレーなどバリエーション豊富なカレーを8万7000ドン(約435円)〜味わうことができます。店員さんに頼めば辛さを調整してくれるため、辛いものが苦手な人にもオススメです。

 

詳細情報

 

トゥクトゥク タイ ビストロ(TUKTUK Thai Bistro)

「トゥクトゥク タイ ビストロ(TUKTUK Thai Bistro)」は、ホーチミン市内に4店舗を構えるタイ料理レストランです。店内は清潔感があり、カフェを思わせるようなスタイリッシュな空間が広がっています。グリーンカレーやイエローカレーを含め5種類の本格的なタイカレーを14万5000ドン(約725円)〜25万5000ドン(約1275円)で味わうことができます。日本語表記のメニューもあるのもオススメポイントです。

 

詳細情報(レタントン店)


詳細情報(リートゥーチョン通り店)


詳細情報(チャンゴックディエン通り店)


詳細情報(ホアマイ通り店)

 

ソムタムダー(Somtum Der)

「ソムタムダー(Somtum Der)」は、ホーチミン1区のパスター(Pasteur)通りにある世界的にも有名なタイ料理レストランです。2015年にニューヨーク支店でミシュラン一つ星を獲得しており、東京にも出店しているので、見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?ソムタムやガイヤーンなどのタイ東北地方の郷土料理(イサーン料理)を中心に提供しています。「Somtum Der」のタイカレーはグリーンカレーで、ココナッツのまろやかさと唐辛子のピリッとした辛味がクセになると評判です。

 

詳細情報

 

 

まとめ

 

ホーチミンにはさまざまな国籍の人たちが住んでいるということもあり、一言でカレーと言ってもさまざまな味のカレーを楽しむことができます。いろんなお店を周って、お気に入りのカレーを見つけてみてくださいね。

 

※この記事に記載されている情報は2018年11月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事

 

ホーチミンの耳寄り情報

もっと見る

ハノイの耳寄り情報

もっと見る

ダナンの耳寄り情報

もっと見る
More Info...
Crawl【今週のシネマ映画】

公開日: 2019-08-17

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。

地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、ヘイリーもまた、ワニによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

ヘイリーと父は限られた空間のなかで巨大なワニと対決しなくてはならない。

 

予告編はこちらから

<上映場所と上映時間>